「はじめて」をわかりやすく。

子供が勝手に賢くなっちゃうかも!?学習アプリのはじめかた

子供が勝手に賢くなっちゃうかも!?学習アプリのはじめかた

子供が勉強をするコツは「サッと」「楽しく」できること。この2つの条件を満たすのが、スマートフォンやタブレットを利用した学習アプリです。さらに、紙媒体ではどうしても養いにくい空間認識力まで鍛えてくれるすぐれもの。学習アプリをはじめれば、気付かないうちに子供がどんどん賢くなってしまうこと間違いなし!

Yamako

この記事のアドバイザー

Yamako

整理収納アドバイザー兼webライター 個人宅の片づけ&ライター業の二足のわらじ


CLOSE

目次

1.学習アプリって実際どうなの?

スマートフォンやタブレットを利用した学習アプリは数えきれないほどたくさんあります。今回は、初心者でもはじめやすいという観点から、無料の学習アプリを紹介します。なお、スタート時は無料ですが、進めていくと課金が必要な場合もありますので、実際に利用する場合は、確認しながら進めてくださいね。

まず、はじめに、学習アプリのメリットとデメリットについて見てみましょう。

学習アプリのメリット

立体図形の感覚が身につく
学習アプリの一番のメリットは、立体図形の感覚が身につく点です。紙媒体の学習では、立体図形はイラストや文章でしか表現することができないため、子供は頭の中に自分でイメージを描く必要があります。その能力が低い子供にとっては、立体図形を頭の中にイメージすることはとても難しく、学年があがり複雑になるにつれて、図形が嫌いになってしまう傾向があります。

一方、スマホやタブレットの画面内では立体図形を自由自在に動かしたり、切断したり、形をかえたりすることができ、それを目で見て視覚的にとらえることができます。そのため、立体図形の感覚を養うには効果的なのです。

場所を選ばず気軽にできる
いまやスマホやタブレットは1人1台といってもいいほど普及しました。家庭によっては、家族の人数以上の台数を保有し、用途によって使い分けている場合もあるでしょう。さらに、気軽に家中のどこでも、また、外出時にも持ち運びができます。

そのため、いつでもどこでも、スマホやタブレットの画面をひらき、学習アプリを立ちあげてはじめることができます。

一方、紙媒体の学習だと、紙、鉛筆、場合によっては机やある程度のスペースを必要とするため、いつでもどこでも気軽にというわけにはいきません。学習をはじめるハードルは、学習アプリのほうが断然低いのです。

ゲーム感覚で楽しんでとりくめる
学習アプリには、子供が夢中になる工夫がされていて、学習をゲームのように楽しみながら進めていくことができるようになっています。そのため、勉強をしているというよりも、ゲームで遊んでいるという意識で、学習をどんどん進めていくことができます。

リラックスして学べるのが学習アプリの強み!

学習アプリのデメリット

広告に注意が必要
無料の学習アプリを進めていくと、アプリによっては、頻繁に広告が表示されるものがあります。一定時間、広告を視聴すると、「×」で消してアプリを引き続き利用することができますが、気を付けないとトラブルの原因になることがあります。

たとえば、親が気づかないうちに、子供が勝手に広告のサイトにアクセスしていたり、または、子供自身にそのつもりがなくても、よくわからないままにアクセスしていた、ということもあります。

課金に注意が必要
無料の学習アプリでも、一定範囲を超えると、続きは課金しなければ進めない仕組みになっているものがあります。あるいは、無料コースと有償コースと、内容の充実度を分けている場合もあります。課金をするかどうかの判断は、当然、親がするべきですので、広告の場合と同様、子供が勝手に課金しないように注意する必要があります。

課金するかどうかは親が決めるとしっかり伝えよう

学習アプリを使う前にしておくべきこと

学習アプリは、サッと気軽に楽しく勉強ができる優れたツールですが、あくまで勉強の一部です。子供によっては、夢中になって、ずっとアプリを続けてしまう場合もあります。学習アプリを使いはじめる前に、子供と学習アプリを使うルール、特に、1日あたりの制限時間や回数を決めることをおすすめします。

学習アプリ以外の勉強や、生活面などのしなければならないことに使う時間とのバランスを考え、各家庭、各子供によって決めましょう。ただし、子供が夢中になっているということは、子供がそれによって成長しているということですから、根拠なく時間を決めるのではなく、状況をみながら柔軟にルールを変えていくことをおすすめします。

たとえば、「1日30分まで」というルールよりも、「しなければならないことが全て終わったら無制限」というルールのほうが合っている子供もいます。ちなみに、筆者宅の場合は、学習アプリの内容によって、制限時間を決めています。

2.おすすめ学習アプリ【知育系】

思考力をきたえる!

Think!Think!(シンクシンク)
これまでに150ヶ国、累計100万人に利用され、高評価を得ているNO.1思考系学習アプリ。100種類15000問以上という圧倒的な問題数の多さと、内容のユニークさに飽きることなく続けられ、かつ、楽しみながら思考力がつくという優れもの。大人も頭をひねるような良問がたくさんあります。

無料コースの他、月額料金に応じて2つのコースが用意されています。最大で1日10分程度で終わるように回数制限がついていて、子供がもっとやりたくてもできないようになっているので、保護者が時間管理をする手間はありません。

子どもの思考力を育てる教材【Think!Think!】: Android アプリストア | Amazon.co.jp

¥0(税込)

特長1:「思考センス」育成に特化し、研究された教材
「考える力」の土台となる「思考センス」は、10歳程度までの幼少期に最も伸びる力です。本教材は、学習の土台となる「思考センス」を伸ばすことを目的に開発された教材です。
特長2:アプリの特性を最大限に活かした問題設計
タブレット画面上で展開図が動いて組み立つ様子を見れば、 誰でもそれをイメージできるようになります。デジタルだからこそ、紙の限界を超える教育効果があります。
特長3:夢中で「遊ぶ」感覚で取り組める
30ジャンル以上、4,000題を超える問題数で子どもたちを飽きさせません。さらに、メダルやポイント、ランキングといったゲームのような仕組み、履歴画面で自分の成長がわかる機能により、子どもたちは遊び感覚で楽しく使い続けることができます。さらに、1日10分の制限付きで、保護者の方も安心です。
(アプリ内課金あり)

筆者宅では、小5長男は小3から、小4長女は小2から、5歳次男は3歳から利用しています。無料コースからはじめて、夢中になっていた半年くらいはより多くの問題を楽しめる有料コースに移行し、あまり利用する時間がなくなってからは再び無料コースに戻し、2年以上利用しています。それでも、子供達は飽きることなく、毎日利用している学習アプリです。これほど長期的に子供たちが楽しめる学習アプリは、これだけ。かなりおすすめです!

図形力・空間認識力をきたえる!

ピタゴラン
画面をなぞるだけで、簡単にピタゴラ装置が作れるアプリ。ピタゴラ装置とは、NHK教育テレビの番組「ピタゴラスイッチ」に登場する、身の回りにあるものを使って、スタートからゴールまで自動でビー玉が転がっていくからくり装置のことです。この番組をみて、「面白そう!作ってみたい!」と思ったことがある子供は多いのではないでしょうか?

実際に作るとなれば、広いスペースといろいろな材料と時間が必要ですが、このアプリなら、あっという間に作れてしまいます。しかも、出来上がったピタゴラ装置を、視点をかえた、いろいろなアングルで見ることができ、画面の中にもかかわらず、ピタゴラ装置の臨場感が味わえます。

ピタゴラン 楽しい仕掛けが作れるアプリ: Android アプリストア | Amazon.co.jp

¥0(税込)

画面をなぞると楽しい仕掛けが完成!
ボール、ドミノ、車、子供たちが大好きな装置が動き出します。
画面をなぞるだけで楽しい仕掛けがいっぱいの装置が作れるアプリです。
子供も大人もワクワクする面白い仕掛けがスマホの中で動き出します。
幼児向け・こども向けの知育アプリとしても、お父さんお母さんのライトゲームアプリとしてもご使用いただけます。

作った装置は必ず成功するわけではなく、最後までビー玉が転がらずに失敗することもしばしば。だからこそ、自分でどうすればいいのか試行錯誤するおもしろさがあります。操作が簡単なので、幼児から楽しめるアプリ。筆者宅の次男は3歳から利用しています。

ラインパズル
同じ色のパイプをつなぐというシンプルなアプリ。重ならないようにつなぐことが意外に難しく、難易度が上がると、大人も考え込んでしまいます。英語表記ですが、簡単なのでアプリを利用するには特に支障はありません。操作が簡単なため、幼児からOK。筆者宅では3歳から次男が利用しています。

ただし、広告が多めなので、注意が必要。そばについているか、あらかじめ広告が表示された場合の対応について話しておきましょう。

Line Puzzle: Pipe Art: Android アプリストア | Amazon.co.jp

¥0(税込)

つなぎたいところにパイプラインをドラッグしてください!
パイプラインを接続してきれいな形とパターンを作ります。対象は全年齢。
遊び方はカンタン!
•同じ色をパイプで接続する
•すべての色をペアにし、ボード全体をカバーしてパズルを解く
•パイプ同士を重ねたり交差することはできません

算数忍者~3D図形~
3Dの図形をタップして360度回転させ、図形の数に関する問題に答えていくアプリ。主人公の忍者になりきり、問題を解くことで敵を倒しながら、カードを集めていくというストーリーなので、子供がついつい夢中になってしまうこと間違いなし。

途中から、課金しないと進めないコースがあるので注意が必要です。子供と話し合って、楽しんでいるようなら進めるのもあり。筆者宅では、課金して最後まで制覇しました。おすすめは3歳頃~小学校低学年。中学年以降だと簡単すぎるかもしれません。

子供の脳を刺激する!算数忍者〜3Dずけいの巻〜

¥0(税込)

「教育」「子供向け」カテゴリで1位を獲得した【Play Study Go! 算数忍者シリーズ】第二弾!


3Dの図形を指先で回転させながら、「図形の数を数える」、「数を足す」、「数を当てる」、「大きさを比べる」などの問題を、ゲーム感覚でテンポよく繰り返し解くことによって、ものの見方や考え方の基礎となる思考力や想像力、空間認識能力などを養う無料教育アプリ。3Dの立体感をリアルに豊かに、わかりやすく表現。勉強嫌いのこどもから大人まで遊び感覚で楽しく、地頭強化、頭脳開発を!
(アプリ内課金あり)

3.おすすめ学習アプリ【勉強系】

算数が得意になる!

YAKUSU
「Think!Think!(シンクシンク)」を制作したチームが開発した計算力を鍛えるアプリ。アプリ名は「約数」からきています。2~72までの数字カードを2人で分けて手札として持ち、場に出されたの数の約数を交互に手札から出し合って、早く手札のなくなったほうの勝ちというゲーム。幼児でもできるシンプルなルールでありながら、割り算、かけ算、因数分解などの素養を身につけられるというアプリです。1日の回数制限つきなので、子供が夢中になってもやりすぎることがなくて安心。

対象年齢は8歳以上ですが、数字が好きなら幼児からでも遊べます。筆者宅では5歳次男が大好きなアプリです。逆に、計算センスや論理思考が得意でないと、大人でも幼児に負けてしまいます。筆者宅では、一番強いのは次男5歳、次に小5長男、つづいて夫という驚きの順番!

算数忍者~たし算ひき算~
「算数忍者~3D図形~」の足し算引き算編。忍者になって、敵を倒し、カードを集めるというストーリーも同じです。こちらも途中から課金が必要なので、子供と話し合って決めましょう。難易度は低めなので、4歳頃~小学校低学年くらいまで。

‎算数忍者〜たし算ひき算〜子供向け学習アプリ

¥0(税込)

足し算引き算を覚えるには反復練習が基本。でも、同じことの繰り返しは飽きてしまう…。そんなお子さんも、リズムよく目、耳、指を使ってらくらく暗記するゲームなら楽しく続けられます。
■はじめは易しく、だんだん難しく。絶妙な難易度だから勉強が苦手なお子さんもとっつきやすい。
■ステージをクリアするともらえる楽しいキャラクターカードをコレクション!
■復習クリアでもカードがもらえるので、楽しく続けられる!レアカードをゲットしよう。
算数忍者と一緒に、足し算引き算の修行に出かけよう!

理科が得意になる!

星座パズル
星座をジグソーパズルの要領で正しい位置にはめていくアプリ。星座の数、タイム、難易度の組み合わせで、飽きることなく楽しむことができ、いつのまにか星座の名前を覚えてしまいます。88星座まで制覇すれば、かなりの知識量。操作もルールも簡単なので、幼児~大人まで楽しめます。

あそんでまなべる 星座パズル: Android アプリストア | Amazon.co.jp

¥0(税込)

星座をジグソーパズル感覚で覚えることができる教育系ゲームです。楽しく軽快に遊べることを重視して作りました。
[ 様々なモードが選べる ]
それぞれモードに星と星を線で結んだ「ベーシック」、星の配置と星座名のみをヒントにピースをはめる「エキスパート」があります。
[ わからない星座でも大丈夫!アシスト機能 ]
全くわからなくてもアシスト機能で正しい場所まで誘導できますので、最後まで楽しんでいただけるかと思います。 クリアタイムを競うワールドランキングや、クリアタイムに応じて獲得できるパネルもありますので、何度もチャレンジできます。

人体パズル
星座パズルの人体模型版。内臓と骨格の2種類から選んで遊べます。教科書で必要な知識以上ですが、このパズルで人体に慣れ親しんでおけば、理科「人体」の単元もスッと頭に入ってきてしまうはず。こちらも幼児~大人まで楽しめます。

あそんでまなべる 人体模型パズル: Android アプリストア | Amazon.co.jp

¥0(税込)

人体の内臓と骨格をジグソーパズル感覚で覚えることができる教育系ゲームです。楽しく軽快に遊べることを重視して作りました。
肝臓(かんぞう)、腎臓(じんぞう)、頸椎(けいつい)、肩甲骨(けんこうこつ)など健康やダイエット関連のテレビ番組や雑誌などで見聞きはするけど実際にどこかよくわかっていないという方にもおすすめです。
全くわからなくてもアシスト機能で正しい場所まで誘導できますので、最後まで楽しんでいただけるかと思います。クリアタイムを競うワールドランキングや、クリアタイムに応じて獲得できるパネルもありますので、何度もチャレンジできます。

社会が得意になる!

地図エイリアン
都道府県の名前、位置、特徴を楽しく覚えることができるアプリ。算数忍者同様、問題をクリアするごとにカードが手に入るので、夢中になって集めているうちに、都道府県の名前を覚えてしまうというしくみ。筆者宅の子供達はこのアプリであっという間に都道府県を覚えました。小学校4年生の社会から都道府県がでてくるので、その前の小学校3年生までにこのアプリで一通り覚えてしまえば、授業の理解度がぐっとあがります。幼児~小学生まで、都道府県を楽しく覚えたい子供におすすめ。

‎「地図エイリアン~都道府県を記憶せよ~」をApp Storeで

¥0(税込)

都道府県の暗記を一気に楽しく暗記できる学習アプリ!可愛いキャラクターが北海道から沖縄までの47都道府県の名前、位置、特徴をリズムに乗って教えてくれる。
- 反復による学習効果を高めるために、子供達が飽きないようにゲーム要素を工夫!
- カードがもらえて学習結果を報酬体験として楽しいものに!
- 中にはレアカードも用意!もらったら嬉しい、難しい問題にも果敢にトライ!
- 特に学習が苦手なお子様には効果絶大です!
(アプリ内課金あり)

これからの社会ではアプリも重要な学習ツール

「勉強は、机にかじりついて、忍耐強く、我慢強くコツコツ取り組むもの」と思っていませんか?大学入試までの長い道のりを考えると、たしかにそういう場面が必要なこともあるでしょう。しかし、小学生の勉強は、本来、楽しんで主体的にするものです。それにぴったりなのが、今回ご紹介した学習アプリ。

特に、算数の立体図形や基礎計算、論理的思考力、理科や社会の暗記分野は学習アプリの得意分野です。今後もどんどん優れたアプリが出てくるのは確実なので、時々チェックしてみるといいですね。

最後に、当然ですが、学習アプリだけでは、子供の勉強は十分ではありません。教科書もドリルも漫画もアプリも、等しく立派な学習ツール。それぞれに得意な分野、不得意な分野があるので、子供の特性と課題に応じて、それらを使い分けて効率的に学習していきましょう。学習に対する楽しいというポジティブな気持ちを大切に!

苦手な分野もアプリでとっつきやすくしていこう

Yamako

この記事のアドバイザー

Yamako

整理収納アドバイザー兼webライター 個人宅の片づけ&ライター業の二足のわらじ




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ