「はじめて」をわかりやすく。

3月3日は女の子にとっての大事な日!はじめての桃の節句を迎える前に!

3月3日は女の子にとっての大事な日!はじめての桃の節句を迎える前に!

3月3日は、女の子がいる家庭では雛人形を飾る桃の節句です。しかし、お雛様を飾ることは知っていても具体的に桃の節句とは何か?お雛様以外に何をするのか存じない方は多いかと思います。今回はじめて桃の節句をされる方、深く知りたいと思っている方にどういう行事かをご紹介したいと思います。

left

この記事のアドバイザー

left

何でもチャレンジ系男子


OPEN

目次

1.桃の節句にお雛様が欠かせないのは?

なぜお雛様を桃の節句に飾るの?

3月3日は「桃の節句」といい女の子をお祝いする行事ですが、そもそも桃の節句は平安時代に中国から原型が伝来されたお祓いをする行事で、3月上旬(3月最初の巳の日:12支の巳が充てられている3月最初の日)に人形に災いを移してそれを川に流して無病息災を願っていました。そして室町時代に上流階級の間で「雛遊び(ひいな遊び)」というままごと遊びが流行っていました。※雛(ひいな)とはかわいいものという意味を指します。

それが江戸時代に入ると庶民の間に広まり、流し雛と雛遊びが融合して人形を流していた風習が飾ってお祝いをする風習へ変化していったと言われています。

お雛様

なぜ桃の節句に女の子をお祝いするの?

室町時代の貴族階級の女の子の間で「ひいな遊び」というままごと遊びがきっかけと言われています。それが江戸時代に無病息災を願う流し雛と融合し、3月3日の桃の節句に女の子の健やかな成長、将来の結婚、厄払いを願って雛人形を飾る行事に変化していきました。

流し雛

< Back
1 2 3 4
35 件
left

この記事のアドバイザー

left

何でもチャレンジ系男子




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ