「はじめて」をわかりやすく。

3月3日は女の子にとっての大事な日!はじめての桃の節句を迎える前に!

3月3日は女の子にとっての大事な日!はじめての桃の節句を迎える前に!

3月3日は、女の子がいる家庭では雛人形を飾る桃の節句です。しかし、お雛様を飾ることは知っていても具体的に桃の節句とは何か?お雛様以外に何をするのか存じない方は多いかと思います。今回はじめて桃の節句をされる方、深く知りたいと思っている方にどういう行事かをご紹介したいと思います。

left

この記事のアドバイザー

left

何でもチャレンジ系男子


OPEN

目次

2.桃の節句の祝い方

お雛様を家庭に飾る

桃の節句で一番最初に思い浮かべるのは雛人形という方が多いと思います。雛人形は天皇陛下の結婚式を模したもので、女の子の幸せな結婚を祈願します。最上段にお内裏様とお雛様を飾りますが、これはお内裏様が天皇陛下、お雛様が皇后様を表しています。その他の雛人形にもそれぞれ意味がありその一部をご紹介したいと思います。

表1:雛人形の種類と意味

人形名 飾る段 立場 特徴
お雛様 一段目 皇后陛下
お内裏様 一段目 天皇陛下
三人官女 二段目 宮中に仕える女官 結婚式の世話役 生活の世話や礼儀作法、楽器演奏の教育など。
五人囃子 三段目 結婚式の引き立て役 笛、小鼓、太鼓、大鼓、謡役の五名で構成し囃子(能楽の一種)を披露。
随臣(ずいじん) 四段目 天皇、皇后の護衛 右大臣と左大臣の二名で若者と老人で構成。若者は天皇、老人は皇后の護衛。
仕丁(しちょう) 五段目 無報酬の労働者 三人一組でそれぞれほうき、ちりとり、熊手(台傘、傘立、靴台)を持っている。泣き、笑い、怒りの表情も表している。
嫁入道具揃 六段目 タンスや食器、お化粧道具など 結納金で新婦側の両親が用意。
御輿入道具(おこし入れ道具) 七段目 駕籠(かご)や御所車など高貴な人が乗る乗り物 六段目と七段目は置き方の決まりがなく、順番も不同で逆でも問題なし。

桃の節句にかかわる食事を召し上がる

桃の節句ではお雛様を前に「行事食」と呼ばれる食事をすることが一般的です。そしてその食事や食材には縁起のいい意味がこめられていて女の子をお祝いします。

表2:桃の節句でいただく食事とその意味

桃の節句でいただく食事とその意味
食事 意味
ちらし寿司 お寿司はお祝いの席に好ましい食事(寿を司る)。ひな祭りでは使われる食材に意味が込められている。 海老:腰が曲がるくらいの長寿で。 豆:健康でマメな人になってほしい。 椎茸:元気に過ごしてほしい。 れんこん:先が見通せる。など。
はまぐりのお吸い物 二枚貝は「女の子」を表しており、はまぐりにおいては対になっていた貝殻同士でないとぴったり合わない。このことから一人の人と一生を添い遂げてほしいという願いが込められている。
ひし餅 菱形のお餅を三段に重ねたもの。桃色、白、緑の三色で構成。桃色にはくちなしの実、白にはひしの実、緑にはよもぎの実が使われている。 諸説ありますが、くちなしには解毒作用、ひしの実には血圧降下、よもぎには増血作用があるため、女の子の健康を願っていると言われている。
ひなあられ 菱餅と同じ色合いで構成。諸説あるが菱餅を砕いて食べたのが始まりとされ、健康を願って外でも食べられるようにしたとされている。
白酒 元々は桃花酒という桃の花びらを漬けたお酒が使われていましたが、赤の対比の白(紅白)も縁起がいいとされ現在では白酒が定着している。しかしアルコールが入っているため代わりに甘酒を飲む方が好ましい。

そして使われる食材の色にも意味があります。

表3:食事に使われる色と意味

意味 イメージ
桃色(赤) 魔除け 桃の花
長寿、純潔、子孫繁栄、浄化
健やかな成長 芽、大地

そして菱餅の色の順番で桃の花の咲く様子をイメージできます。例えば下から、
緑→白→赤:雪の下には新芽が生え、桃の花が咲いている様子。
白→緑→赤:雪の中から新芽が生え、桃の花が咲いている様子。

35 件
left

この記事のアドバイザー

left

何でもチャレンジ系男子




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ