「はじめて」をわかりやすく。

チンチラがもふもふ可愛い!初心者でも分かりやすい正しいチンチラの飼い方

チンチラがもふもふ可愛い!初心者でも分かりやすい正しいチンチラの飼い方

まん丸な見た目と、美しい毛並みが魅力のチンチラ。近頃メディアにも取り上げられ、知名度が急上昇しています。可愛くて飼いやすいと評判のペットなのですが、実は非常に繊細な動物なのを知っていましたか?今回は初めてチンチラを飼う人に、正しい飼い方をご紹介致します。

たかなし亜妖

この記事のアドバイザー

たかなし亜妖

フリーライター


CLOSE

目次

1.飼育初心者必見!まずはチンチラという動物を知ろう

チンチラってどんな動物なの?

チンチラ科チンチラ属に分類されるげっ歯類です。元々はアンデス山脈やチリに分布し、集団で暮らす生き物です。非常に手触りのいい体毛に覆われ、長いフサフサの尻尾が特徴的。一つの毛穴から100~150本程度の毛が生えているため、ノミやダニはつきません。

体長は20~35センチ、体重は420~大きい子で900グラム。体格や骨格、性別によって差が開きます。

チンチラの性格や性質について

頭のいい生き物
チンチラは頭のいい生き物です。トイレの場所やごはんの時間、飼い主の生活スタイルまで把握する一面も。相性が良ければ同じゲージで複数飼いも可能です。つがいで飼育する場合は、きちんと避妊手術を行いましょうね。

好奇心旺盛、でも臆病
好奇心旺盛なので何にでも興味を持ちます。そして一度興味を持つと、なかなか忘れないという記憶力の良さも持ち合わせているのです。しかしながら臆病なので、大きな物音はニガテ。掃除機や赤ちゃんの泣き声、工事の音、ドライヤーの音も驚いてしまいます。

チンチラの性質や性格
飼い主に合わせると言えど、メインの活動時間帯は夜。昼間は寝ているのが普通で、たまに起きた時はボーっとしています。夜のような俊敏さはありません。個体差はあるものの性格が穏やかなので、きちんと飼育すれば人慣れをします。自分の名前を覚え、飼い主の肩や膝に乗ってきたり愛らしい姿をたくさん見せてくれることでしょう。
寿命は比較的長めで、平均として約10年。中には20年以上生きるチンチラもいるそうですよ。

チンチラを飼うメリット・デメリット

メディアでも注目され、今話題となっているチンチラ。飼いやすい!一人暮らしにオススメ!という触れ込みで有名になりましたが、鵜呑みにしてはいけません。命あるものを育てる以上、良い事ばかりではないのです。それをきちんと頭に入れておきましょう!

デメリットは?
まず一つは、チンチラには砂浴びが必要不可欠ということ。砂浴び=お風呂の代わりなので、綺麗好きな彼らにとって砂のない生活は強いストレスを感じます。チンチラ専用の砂を使用するのですが、粒子が細かいので気付けばゲージの周りが砂だらけに……!どんな砂浴び専用の器を使っても、必ず部屋は砂だらけになってしまいます。
この時チンチラの体毛もかなり抜けるので、部屋には空気清浄機や掃除機が必要となりますよ。

二つ目は、何でも齧られてしまうこと。壁紙や紙類、電気コード等ガリガリと噛んでしまうため、対策をしなくてはなりません。チンチラの歯は一生伸び続け、おまけに鋭いのです。一噛みでとんでもなく削られてしまうので注意してください。

齧られてしまった本

三つ目はストレスに弱いこと。デリケートな動物のため、物音や環境の変化にとても敏感です。慣れていないのに無理矢理触ったり、大きな音を出されるのも強いストレスになります。ストレスを感じると食欲が落ち、エサを食べなくなり死に至るケースも。繊細な動物を言うことを理解した上で飼育しましょう。

四つ目は電気代がかかること!これは節約志向である人にとって、致命的な問題ではないでしょうか?チンチラは暑さ・湿気に弱いため、夏は冷房フル稼働が基本です。これに+除湿器が必要となる場合も。乾燥した寒冷地帯出身であるため、日本の夏は非常に苦手なのです。だからといって寒いのが得意、というわけでもありません。笑 野生のチンチラではありませんから、暖房をつけずに生活することは不可能です。

他にも診てくれる病院や小動物専用ペットホテルが少ない、というデメリットが挙げられます。

メリットは?
さて、デメリットばかりご紹介してしまいましたがもちろんメリットがあることも事実。デメリット以上の素晴らしい共同生活がそこにはあるのです。

まず何より「可愛い!」ということが最大のメリット。笑
壁を齧られても、イタズラをしようとしても、可愛いから全てを許したくなってしまう愛らしさがあります。丸々としたフォルムになめらかな手触り、小さな手足、キョトンとした表情は言葉に出来ないほどのキュートさです。

ゲージに入っているチンチラ

見た目だけではなく、内面もかなり魅力的。高くジャンプでき、足も速かったりと運動神経バツグンな一面を持っているのですが……たまに滑ったり、ジャンプに失敗するドジな姿も。一日中見ていても飽きない生き物です。

そして思いの外甘えん坊で寂しがり。個体差はあるものの、懐くと「撫でて~」と寄ってくるのです。甘えん坊な部分に、心を撃ち抜かれる飼い主さんは多い事でしょう。教えれば芸も覚えるので、犬や猫に負けないくらいの大切なパートナーになること間違いなし。

手が掛かる事も多いのですが、それが気にならなくなるくらい可愛い。それがチンチラの魅力なのです。

2.チンチラを迎えるための準備

チンチラ飼育に必要なアイテムをご紹介

まずはゲージ、チンチラ専用のお家がなくては始まりません!ハムスター用などあまりに狭すぎる物、編み目が大きすぎる物は脱走の危険性があるので避けます。ジャンプをしたり、運動量の多い生き物のため縦に大きいお家を選びましょう。

飼い初めは赤ちゃんでもいずれは大きくなります。少し大きいかな?と思うゲージでも大人になるとピッタリ、ということもありますので、成長を見越して購入するのがおすすめ!

ゲージを購入したら、次は室内のレイアウトです。高さがあっても上に上がれないと意味がありませんから、チンチラの足場や室内専用の小さな小屋を設置します。チンチラと言えどやはりネズミ、暗くて狭い場所が落ち着くようです。

レイアウトが終わったら砂浴び専用の容器、ご飯を入れる容器を用意します。この時チンチラがひっくり返さない重さのものを選んでください。陶器製が洗いやすく、重さもあるのでおすすめです。

チンチラ専用のフード(ペレット)

食事に関してはチンチラ専用のフード(ペレット)、牧草、給水ボトル(水)のみで構いません。粗食であるため、副食は必要ないのです。

チンチラの値段、飼育費用、売っている場所

チンチラの値段は体毛のカラーにより値段に差が出ます。スタンダードなグレーだと3万~前後、ブラックエボニーやパイド(真っ白)だと7万~前後となります。

もし血統書付きや長毛種といった珍しいチンチラが欲しい場合、価格は20万円をゆうに越えることも!となれば、犬や猫とあまり変わらない価格帯になりますね。

ゲージから覗いているチンチラ

・気になる飼育費用
主食はペレットと牧草がメインで、生野菜や果物もあげなくて大丈夫です。それと専用の砂、必要に応じてペットシーツやパインチップ(ゲージの下に敷く)くらいなのでさほど費用はかかりません。

ペットショップに売られている一般的な物を選べば、どれも一つあたり1000円以下。ペットシーツは犬猫用なので1000円を超えますが、枚数が多く入っているので一カ月以上持つはずです。総じて飼育費用は思いの外安く済みます。

ですがチンチラは病院にかかった時の医療費が高いので気をつけましょう。定期的に受ける予防接種やワクチンはありません。

・売っている場所
大きなペットショップや小動物専門店で販売されています。しかしどこを行っても個体数が少ないため、すぐに売り切れてしまうことも。最近はチンチラ専門店も話題になっていますから、そういった場所で購入する手もあります。

3.チンチラと仲良くなろう

せっかく生活を一緒に送るなら、彼らと仲良くなりたいですよね!警戒心が強く、臆病な彼らですが心をこめて接すれば必ず応えてくれます。根気よく付き合いましょう。

お迎え当日に気をつけたいこと

お家にやってきた当日~1週間は、そっとしておくのがベター。可愛らしいチンチラを早く触りたい!と気がせいてしまいますが、ここはグッと我慢です。新しいお家で慣れない環境、チンチラにとっては不安でいっぱいのはず。ご飯やお水の交換など、最低限のお世話に留めておきます。

小型ペット用給水装置ステンレス製水飲み用ボトル

¥1,017(税込)

ウォーターボトルはペットに自動的に給餌することができ、漏れなく水を節約します。ペットはステンレス鋼のボールニップルから水を飲みます、それはあなたのペットがそれから飲むことが防錆と安全です。

チンチラと仲良くなるためのコツ

少し環境に慣れてきたら、声を掛けつつスキンシップをはかります。この際に役立つのが、チンチラ用のおやつです!名前を呼びつつ、最初はゲージ越しからの接触にチャレンジしてみましょう。

ゲージ越しのスキンシップ

飼い主の匂いを覚えさせつつ「この人は怖くない」ということをチンチラに分かって貰うことが大切。最初は驚いてすみっこに隠れてしまうかもしれませんが、諦めずに続けてみましょう。ただあまりにしつこくするのは避けて下さいね。

膝や肩に乗る、触っても怒らない、近寄ってくる、後ろをついてくる、名前に反応するようになったら、それは仲良くなれた証拠です!

チンチラと一緒に素敵なペットライフを送ろう

走り回る姿、ジャンプする姿、小さな手でおやつを食べる姿、全ての“愛らしい”が詰まった生き物、チンチラ。猫や犬、ハムスターやうさぎとはまた違った魅力があるため、一緒に暮らしていると様々な発見があります。

まだまだ飼育している人は少ないのですが、チンチラとの生活は非常に楽しいもの。注意点の多いペットですが、しっかりと守って、素敵なペットライフを送ってください。

チンチラ完全飼育: 飼育管理の基本からコミュニケーションの工夫まで|Amazon

¥2,640(税込)

本書では、チンチラの基本的な飼育方法からコミュニケーション方法、健康管理、豊富なカラーバリエーションまでを網羅。
チンチラを初めて迎える方にもすでに飼っている方にもおすすめの一冊です。

たかなし亜妖

この記事のアドバイザー

たかなし亜妖

フリーライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ