「はじめて」をわかりやすく。

チンチラがもふもふ可愛い!初心者でも分かりやすい正しいチンチラの飼い方

チンチラがもふもふ可愛い!初心者でも分かりやすい正しいチンチラの飼い方

まん丸な見た目と、美しい毛並みが魅力のチンチラ。近頃メディアにも取り上げられ、知名度が急上昇しています。可愛くて飼いやすいと評判のペットなのですが、実は非常に繊細な動物なのを知っていましたか?今回は初めてチンチラを飼う人に、正しい飼い方をご紹介致します。

たかなし亜妖

この記事のアドバイザー

たかなし亜妖

フリーライター


OPEN

目次

2.チンチラを迎えるための準備

チンチラ飼育に必要なアイテムをご紹介

まずはゲージ、チンチラ専用のお家がなくては始まりません!ハムスター用などあまりに狭すぎる物、編み目が大きすぎる物は脱走の危険性があるので避けます。ジャンプをしたり、運動量の多い生き物のため縦に大きいお家を選びましょう。

飼い初めは赤ちゃんでもいずれは大きくなります。少し大きいかな?と思うゲージでも大人になるとピッタリ、ということもありますので、成長を見越して購入するのがおすすめ!

ゲージを購入したら、次は室内のレイアウトです。高さがあっても上に上がれないと意味がありませんから、チンチラの足場や室内専用の小さな小屋を設置します。チンチラと言えどやはりネズミ、暗くて狭い場所が落ち着くようです。

レイアウトが終わったら砂浴び専用の容器、ご飯を入れる容器を用意します。この時チンチラがひっくり返さない重さのものを選んでください。陶器製が洗いやすく、重さもあるのでおすすめです。

チンチラ専用のフード(ペレット)

食事に関してはチンチラ専用のフード(ペレット)、牧草、給水ボトル(水)のみで構いません。粗食であるため、副食は必要ないのです。

チンチラの値段、飼育費用、売っている場所

チンチラの値段は体毛のカラーにより値段に差が出ます。スタンダードなグレーだと3万~前後、ブラックエボニーやパイド(真っ白)だと7万~前後となります。

もし血統書付きや長毛種といった珍しいチンチラが欲しい場合、価格は20万円をゆうに越えることも!となれば、犬や猫とあまり変わらない価格帯になりますね。

ゲージから覗いているチンチラ

・気になる飼育費用
主食はペレットと牧草がメインで、生野菜や果物もあげなくて大丈夫です。それと専用の砂、必要に応じてペットシーツやパインチップ(ゲージの下に敷く)くらいなのでさほど費用はかかりません。

ペットショップに売られている一般的な物を選べば、どれも一つあたり1000円以下。ペットシーツは犬猫用なので1000円を超えますが、枚数が多く入っているので一カ月以上持つはずです。総じて飼育費用は思いの外安く済みます。

ですがチンチラは病院にかかった時の医療費が高いので気をつけましょう。定期的に受ける予防接種やワクチンはありません。

・売っている場所
大きなペットショップや小動物専門店で販売されています。しかしどこを行っても個体数が少ないため、すぐに売り切れてしまうことも。最近はチンチラ専門店も話題になっていますから、そういった場所で購入する手もあります。

39 件
たかなし亜妖

この記事のアドバイザー

たかなし亜妖

フリーライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ