「はじめて」をわかりやすく。

ママにも赤ちゃんにも良い影響がマタニティヨガはじめて妊婦期間もアクティブに!

ママにも赤ちゃんにも良い影響がマタニティヨガはじめて妊婦期間もアクティブに!

妊婦期間に行うマタニティヨガは赤ちゃんとママのコミュニケーションや、お産のための体づくりとして多くの良い効果があります。でも、体調も不安定になりやすい妊婦期間。安心してヨガに参加するための準備や体調の目安、マタニティヨガの内容やオススメのヨガ教室についてご紹介します。

Mayu-Salla-Y

この記事のアドバイザー

Mayu-Salla-Y

北欧育ちのママライター おしゃれで便利なものが大好きです♡


OPEN

目次

3.マタニティヨガを教室で習ってみましょう

マタニティヨガ教室に通うメリットは何?

妊娠中に推奨される運動と人気のマタニティヨガ。自分一人でやるのも体への効果は見られますが、筆者のオススメはヨガ教室に通うことです。妊娠中はいつどんな体調不良が発生するかわからない不安な時期、一人で運動を行なっていくのはなかなか難しいものです。

マタニティヨガのインストラクターは、妊婦さんのメンタルの浮き沈みや身体の細かな変化まで相談することでどんな対処方法があるか、どんなポーズが効果的かを教えてくれます。

また、はじめての妊娠であれば、マタニティヨガ教室に通うことで同じく妊娠中のママとお話ができたり、産休中になかなか社会に出る機会が限られている、大人と話す機会が少ない時の気分転換にもなります。

マタニティヨガ教室はどこで探せる?

では、マタニティヨガ教室はどこで開催されているのでしょうか?お住いの地域にもよりますが、年々マタニティヨガの教室は増加傾向。個人の小さなヨガ教室から、大手フィットネス会社の経営する教室まで幅広くあります。

まずは、ヨガスタジオの大手でも、マタニティヨガのプログラムが開催されています。有名なところでいうと、ホットヨガで人気のLAVAがその一つ。北海道、関東、愛知県、大阪府でマタニティヨガの専用プログラムが開催されています。

LAVAの通常クラスはホットヨガといって、高温多湿の中で発汗を促しながらヨガを行うものが多いのですが、マタニティヨガクラスでは体への影響を踏まえ、常温で行われます。LAVAの教室はどこも駅近でアクセスがよく、インストラクターも豊富に所属しているのが特徴です。妊娠初期段階から、安定期以降まで、その体調に合わせたヨガプログラムが提供されています。

また、近年急速に首都圏、関西で教室数を増やしているzen placeもマタニティヨガプログラムを展開しています。ここのマタニティヨガのプログラムは個人レッスンが中心であること。妊娠中の一人一人違う体調や悩み、体質に合わせてプログラムが組み立てられ、安心して通うことができます。

安心感が抜群!産院で開催しているところも!
マタニティヨガは妊娠中の体調を整えるアクティビティの一つとして、産院が開催している場合もあります。大きな総合病院では限られていますが、個人の産院や助産院などではこのようなマタニティヨガを充実させ、妊婦さんの体調と不安を解消しようと取り入れているところが多いのです。開催している主体によっては、その産院で出産を予定していない妊婦さんも参加OKな場合もあります。

一般社団法人 マタニティフィットネス
のホームページでは全国の産院で行われているマタニティヨガを検索できるページがありますので地方に在住などでなかなかマタニティヨガ教室が見つからない!とお悩みの方は、ぜひチェックしてみてください。

地域の公民館や個人レッスンを探してみよう!
そのほか、地域の公民館で少子化対策で母親教室の一環でマタニティヨガプログラムが提供されている自治体や、個人のマタニティヨガの資格を持ったインストラクターが地域の場所を借りながらオンラインで生徒を募集して教室を行なっているのもよく目にします。妊娠後期になると、出産が近づき、なかなか家から遠い教室に通うのは不安も大きいとは思いますが、意外と調べてみると、居住自治体などで小さな教室が開かれていることも多いです。

29 件
Mayu-Salla-Y

この記事のアドバイザー

Mayu-Salla-Y

北欧育ちのママライター おしゃれで便利なものが大好きです♡




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ