「はじめて」をわかりやすく。

インテリアプランツとしても人気!初心者でもできる「多肉植物」の育て方

インテリアプランツとしても人気!初心者でもできる「多肉植物」の育て方

生活の中に植物があると雰囲気も変わりますよね。植物は枯らしてしまう…いつもうまく行かない…そんな方でも初心者でも育てやすい『多肉植物』の育て方やコツ、育てやすい品種、はじめるために必要なアイテムなどを紹介していきたいと思います。

roselly

この記事のアドバイザー

roselly

おひとり上手女子


CLOSE

目次

1.多肉植物を知ろう

多肉植物の特徴は?

多肉植物は砂漠や海岸などの乾燥地帯で生まれました。環境に適応するため、肉厚な葉や茎や根に水を貯めることのできる植物です。太陽光を浴びることで成長に必要なエネルギーが作られていくのでどんどん大きくなっていきます。多肉化する部分は種類によって違いがあり、植物全体の場合や茎だけの場合もあります。 

初心者向きの多肉植物はコレ!

多肉植物の種類によっても育ち方が違います。デリケートな子から強い子、春秋型・夏型・冬型と季節によっても変わってくるので、初心者でも育てやすいベンケイソウ科の多肉植物を属性別に2つ紹介します。

・火祭り(クラッスラ属)

春から秋が生育期で、寒くなってくると真っ赤に紅葉します。花も咲きやすく丈夫なので初心者でも育てやすいです。多肉植物なので高温多湿には弱いので、基本的に日当たりがよく風通しのいい場所で育てます。水をあげすぎると根腐れの原因になりますので土が乾いてきたら上げるようにすると良いです。冬になると生育が止まり、水分の蒸発量が下がるので1ヶ月に1回程度の水やりで大丈夫だと思います。

多肉植物 火祭り ベンケイソウカ クラッスラ属 3,5号

真っ赤に紅葉するとより綺麗な火祭り。 春から秋が生育期です。 秋に小さな白花がまとめて穂状に咲きます。

鉢サイズ 3,5号 プラ鉢 土植え  
*植物は、お届け時期によってはボリューム等に違いがございます。

・月美人(パキフィツム属)

ふっくらとした丸みの葉が特徴で、多肉植物の中でも群を抜いて可愛らしい植物です。
原産国がメキシコなので日光を好むので日当たりの良い場所が良いですが、耐暑性が強くはないので半日陰になる風通しの良い場所に置きましょう。
水やりはカラカラに乾いたらあげて、葉っぱに直接かけると病気の原因にもなるので気をつける必要があります。
耐寒性はやや弱く、耐寒性は0℃〜5℃くらいなので、室内の日の当たる場所に置くと良いです。

月美人(ツキビジン)パキフィツム属 多肉植物 9cmポット

¥700(税込)

パキフィツムは『原い植物』という意味で、葉の形に由来します。淡い色合いと肉厚の葉が人気の種類です。夏型種。
【サイズ】9cmポット

2.多肉植物を育てる前に

多肉植物を買いに行こう!

多肉植物の人気から様々なところで販売されています。まず口コミで人気のショップやどんなところに売っているのか、どの状態のものを選んだらいいのかのポイントをお伝えします。

近場で購入する際は、ホームセンターの園芸コーナー、100円ショップ、植物園の販売所、お花屋さん、雑貨屋さんなどがあります。ホームセンターの園芸コーナーは一般的な多肉植物があり、お店によっては大きくて安いものもあります。100円ショップは小ぶりですがリーズナブルなお値段で購入できるのは魅力ですね!

株を買うタイミングとしては、春秋の寒暖差が少なく、生育も良いので市場やネットでも多く出回ります。寒暖差の大きい時期は多肉に負担がかかりやすい時期なので避けたほうが良いと思います。

多肉植物は水分を多く貯える植物ですので葉の水分量をチェックして、ハリのあるぷっくりとしたみずみずしいものを選びます。葉がシワになっているものは水分が不足しているので元気とはいえません。もう一つは葉の色です。葉の一部が枯れていないか、特に根元に近い下葉が枯れているものや苔が生えているものは根腐れをしている可能性が高いので特に注意が必要です。

鉢と土の選び方は?

土は水を上げたときにさーっと水が流れる水はけの良い多肉植物用の土を使います。ネットでの購入もできますが、園芸店、サボテン・多肉植物専門店、ホームセンターなどでも取り扱いがあります。

鉢のサイズは多肉植物のサイズに合ったものを選びましょう。根が窮屈にならない程度が良いです。大きすぎると、土の量が多くなるので土が乾きにくく、根腐れしやすくなります。小さすぎる鉢は根詰まりの原因になります。株のひとまわり大きいサイズを選びましょう。

花ごころ 多肉植物&ミニ観葉の土 1L

¥700(税込)

花ごころ 多肉植物&ミニ観葉の土 1Lが用土ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

その他必要なもの

土と鉢だけではまだ植える準備は整っていません。あると便利なアイテムや、植えるために必要なものをお伝えします。

・筒型スコップ
土を入れるときにこぼれにくいので便利です!

・鉢底ネット
鉢には穴が開いているので土がこぼれないようにちょうどよい大きさに切って底に入れます。

・鉢底石
水はけをよくするために使います。

・ピンセット
植えているときに葉と葉の間に土が入ってしまうことがあります。植えたあとに指では難しい細かい作業がしやすくなるのでわりばりでも代用できますが、ピンセットのほうがより使いやすいと思います。

AP スコップ グリーン ガーデニング用品 ライト&ハンディ 土入れ器 筒型

¥896(税込)

入数:1セット(大小各1個)

小さいサイズなので、持ち運びが便利なスコップのセットです。
種を入れたりする園芸用品として使用する以外にも、
台所での食品入れ、雑貨入れなど使用方法は幅広くあります。

3.多肉植物を植えてみよう

植えるときのコツ

植え替えをする時のポイントがあるので簡単にお伝えします。植え替えのタイミングは生育期になる前の春頃が良いでしょう。根っこのダメージを少なくするため、土を乾かしておくと土が落としやすくなるので事前に水やりをストップしておくといいと思います。根っこも傷んでいるものは黒くなっていたり茶色くなっているので取り除いても大丈夫です。鉢の深さより長くならないようにしましょう。

よく育つ環境

多肉の種類によって育つ環境は違いますが、基本的には日光を好むので日光が当たる場所に置くと良いですが、高温多湿の環境も苦手なので半日陰の場所で風通しの良い場所に置きましょう。

水やりは植えてから根が安定しはじめる4~7日後に葉の上からかけて、鉢底から水が出るまで与えます。水やりの頻度は、「2週間おき」が目安です。気候などで水やりのタイミングは違いますので葉っぱの状態などを見ながら与えると良いと思います。

多肉植物のある生活

多肉植物などの観葉植物が側にあると心が癒されリラックス効果も期待できるようです。日常管理が容易なものが多く、室内でも育てやすいので忙しい現代人にオススメです。

インテリアに取り入れることでグッとセンスも上がることでしょう。その他にも風水的な飾り方を楽しむ方も増えているようです。多肉を育てることに慣れてきた方は、寄植えや風水効果も考えた楽しみ方などいかがでしょうか?

roselly

この記事のアドバイザー

roselly

おひとり上手女子




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ