「はじめて」をわかりやすく。

不安を払拭していざ海外進出!初めてのワーキングホリデーガイド

不安を払拭していざ海外進出!初めてのワーキングホリデーガイド

ワーキングホリデーでは、初めて海外に1人で住む経験となる訳ですから不安もありますね。「何を準備したらいいのか?」「ビザの取り方は?」「向こうでどうしたらいいか?」などなど。今回は準備から現地で生活の基盤作る所までをじっくり解説します!これであなたも海外進出を始めてみましょう!

えむこちゃん

この記事のアドバイザー

えむこちゃん

海外在住の職業自由の人


OPEN

目次

1.ワーキングホリデーをはじめるには、何をすればいいの?【準備編】

「ワーキングホリデー(以下ワーホリ)」をしてみたい!と思いついたものの、多くの方は実際にワーホリするために何が必要なのか?や、現地に行ったもののどんなことをするのか?というのは良くわからないかと思います。「行ってみるまで分からない」なんて言われると身構えてしまいますよね。

この記事では準備から海外暮らしまで、生活に基づいた必要なものを順にご説明していきます!

ワーホリで世界に飛び出そう

ワーキングホリデーとはどんなもの?

ワーキングホリデーとは、2国間協定に基づき、青年(18歳〜30歳)までが異なった文化の中でホリデーを楽しみながら、その間の滞在資金を補うための就労が可能なビザです。

通常の観光ビザでの就労は出来ず、また学生ビザでも就労時間に制限がかけられることから、現地に1〜2年(オーストラリアでは所定の条件を満たせば3年)間という長期にわたる滞在をし、旅行も勉強も就労も同時に出来るというのは大変貴重な制度と言えます!

31歳の誕生日を迎える前にビザを申請すれば、そこから1年以内であれば入国が認められ、入国したその日から1年その国に滞在が可能となります。日本の協定国1カ国目はオーストラリアでしたが、今では日本からは26カ国の国でワーホリが認められています。

海外に行きたいなら必見の制度

国別特徴と選び方で、楽々ビザGET!

基本的には所定の手続きを踏んでビザを取れば良いのですが、国によってその手続きの複雑さはまちまち・・・。一般的にワーホリ国として人気のオーストラリアはパスポートのみでオンラインから簡単に申し込むことが出来ます。(渡航に当たっては自分の貯金の残高証明などが必要な場合も。)

ニュージランドもオーストラリアに手続きの仕方は似ていますが、これに指定病院での「健康診断」が加わります。一方で同じく人気のカナダは「抽選制」です。ヨーロッパではビザ発給が抽選制なのは珍しくないのですが、特にイギリスは年間のビザ発行数が1000名程度と倍率が高いので、抽選日などの情報はきちんと入手しましょう。

韓国はビザ申請が無料で直接大使館に持ち込んでビザを発行します、費用も安く抑えられることから近年取得率が伸びています。またアルゼンチンやチリなど近年新たに協定国に加わった国は、ビザ発行数が200人とさらに狭き門・・・。さらにアイスランドは渡航年齢が26歳と若いため、こう行った辺りも気をつけましょう。

ビザは自力で取ることも出来ますが、どれも英語で手続きが複雑な国もあります。失敗すると貴重な1年を失う事になるため、心配ならエージェントを利用しましょう。しかし、ビザの可否の最終判断は大使館に委ねられます。万全を期しても「絶対ではない」という事を念頭に入れておきましょう。

行ってみたい国はどこですか?

これで完璧!ワーキングホリデー準備リスト

準備にかける時間ですが、抽選制の国だとタイミングによっては急がなければならない場合もあります。ワーホリに行きたい!と思ったらすぐに情報を調べましょう。ビザ取得の目処がたったら、そこから3〜4ヶ月で準備します。

荷物の準備は絶対に必要なものと、あれば便利なものを分け、優先順位の高いものからパッキングしましょう。今やよほど辺境な地にでも行かない限り「大抵のもの」は海外で買えますし、日本の食べ物はアジアンスーパーでも売っています。荷物を増やすと都市間の移動や現地での旅行の際の足枷となりますので最小限で行きましょう。

持っていくべきものは吟味して

・パスポート
・ビザ
・海外で使えるクレジットカード
・10日分程度の生活費(現地通貨)
・送金用カード(「NEOマネー」など。日本円を現地通貨として引き出すことが出来ます。)
・1週間分の下着(海外は週1度しか洗濯しない人が多く、何度も洗濯できません。)
・洋服4〜5日間分(おしゃれ着は不要。機能性重視で使い回しのきくものを。)
・ジャンパーなどの上着(行く国の気候に合わせて。かさばらないものがいいです。)
・現地のプラグの変換コネクタ

あとはこれに、「常備薬」や「ノートパソコン」など自分に必要なものを持ちましょう。海外保険に加入している人は、保険証なども忘れずに!

カードや現地通貨の準備を

< Back
1 2 3
50 件
えむこちゃん

この記事のアドバイザー

えむこちゃん

海外在住の職業自由の人




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ