「はじめて」をわかりやすく。

語学ができなくても、留学はできる!海外留学のはじめ方をレクチャー!

語学ができなくても、留学はできる!海外留学のはじめ方をレクチャー!

誰でも一度は憧れる海外留学。語学面や費用面など、一般的にハードルが高いものという印象があるかもしれません。でも、きちんと準備をすることで、海外留学は難しいものではなくなるのです。ここでは、初めて海外留学にトライする方へ、おすすめの方法や気をつけたい点などをご紹介します。

みかんサンド

この記事のアドバイザー

みかんサンド

海外在住ブロガー


CLOSE

目次

1.留学をしたい!でも、何から始める?

英語が得意であろうがなかろうが、昔から海外留学に憧れていた、一生に一度はやってみたい、という人は多いと思います。でも、社会人になってしまうと長期休みを取るのは難しいし、費用もかかるし何より英語が話せないし…と、どうしてもハードルの高いもののように考えられてしまうことが多いのが、海外留学。

でも、実はそんなに難しいことはありません。基本的に1週間程度から留学は可能ですし、また一人で全てを手配・準備をすると膨大な時間と手間がかかりますが、他人の力を借りることで、案外スムーズにできてしまうものなのです。

ここでは、初めて海外留学に挑戦しようとする人のために、どんなことから始めたら良いのか、どんなところに気を付けたら良いのかを簡単にお話ししていきます。なお、留学には1週間の超短期から年単位のものまで、期間が様々ありますが、ここでは、社会人が長期休暇などを利用して行く、週単位の短期留学をベースにお話をしていきます。

留学の前にどこに行きたい、何をしたいかを考えよう

「留学しよう!」と決意したら、まずはどこに行くか、場所を決めましょう。中国や韓国などのアジア、ドイツやフランスといったヨーロッパなど、英語圏でなくてももちろんOK。ずっと行ってみたかった国や、一度旅行で訪れて気に入った場所など、いくつかリストアップしてみてください。もしかしたら、治安の問題や国際情勢などにより渡航や滞在が難しい場合もありますので、2つか3つ程度候補を出しておくと良いでしょう。
この後で紹介する、エージェントで細かい渡航先は相談に乗ってくれますので、この段階ではあまり細かい都市まで決めなくてもOKです。

そして、留学先でやりたいこと、留学の目的を考えましょう。海外の友だちを10人つくる、でもいいですし、語学が目的なら、帰国したらTOEICⓇ何点取る!などでもいいでしょう。具体的な目標がなくても、「こういうことをやってみたい」「何を得て帰ってきたいか」などを考えると、現地での行動が変わってきますので、必ず一度は考えてみてください。結局、観光しただけで終わってしまった、といった後悔をすることがないように、ここはしっかり押さえておきたいポイントです。

留学エージェントや留学プログラムを探し、説明会に行ってみよう

具体的な期間、行き先が決まってきたら、それをサポートしてくれるところを探しましょう。特に初めての場合は、留学エージェントを利用するのが一般的です。様々な相談に乗ってくれたり、ビザや学校、滞在先の手配などを代行してくれたりするので安心です。

有料か無料かといった点から、展開しているプログラムやシステムなども様々ですので、インターネットを使って情報を集めてください。そして、いくつかに絞って資料を請求したり、説明会に参加したりしてみましょう。幅広く探し、複数を比較して決めるのがベストです。稀に悪徳業者などもありますので、口コミなどを参考にすることも忘れずに。

2.留学の詳細を決めていこう

契約するエージェントを決めたら、担当の人と一緒に詳細を決めていきましょう。何を目的とした留学なのか、何がやりたいのか、滞在する国や都市はどうするか、などです。例えば、「2週間、ホームステイをしながら語学学校に通いたい。オーストラリアを希望するが、あまり大きな都市ではなく、のんびりとした郊外がいい。」などと、大まかな希望を伝えると、最適なプログラムや場所を提案してくれるでしょう。

語学学校に通うのがおすすめ

留学プログラムには、ホームステイのみなどのプランもありますが、語学を勉強したい場合はもちろん、そうでなくてもぜひ、現地の語学学校に通うことをおすすめします。通常、語学学校は1週間から通えるので、超短期の滞在でも通学は可能(ただし、入学のタイミングが決まっているところもあります)。学校に通うことのメリットは、語学をしっかりと勉強できることの他に、多くの友だちをつくれるという点があります。

語学学校には、アジア、ヨーロッパ、中南米、アラブ諸国など、世界中から語学を学びたい人たちが集まっています。様々な文化に触れることで刺激を受け、一回りも二回りも成長することでしょう。このような理由から、短期間であっても、たくさんの人と出会い、同時に語学力も磨ける、学校へ通うことを強くおすすめします。

留学先の住まいは、ホームステイ?寮?一人暮らし?

現地での滞在方法は、主に4つあります。それぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

1.ホームステイ
現地の人たちの生活を体験することができます。しかし、部屋が汚い、食事を出してくれないなどといったトラブルが起こることも。

2.学校の寮
学校によっては、学生寮が用意されています。数人との相部屋になることが多いので、かなり仲良くなれますが、文化の違いをストレスに感じたり、プライバシーが守られなかったりする側面も。

3.シェアハウス
寮と同様、シェアメイトと仲良くなることができる反面、プライバシーの問題が残ります。寮のように門限などのルールに縛られることは少ないですが、食事は自炊または外食をする必要があります。

4.一人暮らし
プライバシーが守られ、自由気ままに過ごせますが、準備が必要なため短期留学には向きません。費用がかかる上、セキュリティの問題も。

海外旅行保険、お金の管理方法などを確認しよう

書類上の手続きはエージェントが代行してくれることが多いですが、保険などのサービスは自分での情報収集も行うことをおすすめします。エージェントは提携している会社のものを私たちにすすめるので、費用が高くついたり、余計なサービスが含まれていたりすることもあるためです。自分で手続きができるなら、その方がトータルで見てメリットが大きいこともあります。エージェントは頼って良い存在ですが、全てを任せきることなく、最終的には自分の責任であることを自覚しましょう。

また、お金をどう持って行くかですが、短期留学におすすめの方法は、多少の現金を持って行き、後は現地で引き出すかクレジットカードを利用する方法です。国や地域によりますが、海外の国の多くはカード社会。国際ブランドの付いたクレジットカードを最低1枚と、ある程度の現金は、日本国内で少し現地通貨に両替をしてから出国するのが安心です。

現地で現金が足りなくなった場合は、クレジットカードのキャッシングや、キャッシュパスポートといったシステムが便利です。銀行口座によっては日本円預金を現地通貨で引き出せるところもあるので、どれが自分に一番合っているのか、比較検討してみましょう。

3.留学先にいよいよ出発!直前までに語学力を高めておくことのメリット

さて、出発日や詳細がいよいよ決まると、わくわくしてきますね。書類手続きが必要だったり、買い物をしたりと忙しくなります。そんな中で、時間を見つけてぜひ行ってほしいのが、語学の勉強です。

語学は、できればできるだけ良い

特に語学目的の留学の人は、「これから現地で語学を学ぶのに、なぜ今日本でやるのか?」と思われるかもしれません。でも、たいていの留学生は、「もっと日本にいるうちから勉強しておけば良かった」と思うのです。

特に全く初めての言語の場合、挨拶、発音、ある程度の読み書きができないと、現地での生活にとても苦労します。英語など学習経験があるものであっても、ふだん使い慣れていないと、実際に聞き取ったり話したりすることはとても難しいものです。今のうちから、少しでも多くの単語を覚えたり発話力を磨いたりしておくことをおすすめします。

どこでどうやって学習する?

文法書やテキストを使って、知識をインプットすることも大切ですが、残念ながらそれだけではことばを「使える」ようにはなりません。そこで、できるだけコミュニケーションが取れる学習方法を加えるのが良いでしょう。

例えば最近は、1回数百円からレッスンが受けられる、オンラインサービスが充実しています。街中の英会話教室などでは、短期集中コースが用意されているところもありますし、あるいは、契約している留学エージェントが語学レッスンを提供していたり、教室を紹介してくれたりすることもあります。

いずれにしても、人の話を聞き、自分も発信するというコミュニケーションの練習をすることで、発音やイントネーションに耳が慣れてきたり、自然な会話を楽しめるようになってきたりします。ぜひできるだけ頻繁に、たくさん語学に触れて出発を迎えるようにしましょう。

留学に大切なのは、積極的なコミュニケーションとチャレンジ精神

海外に行くと、ことばや文化の違いなどから、間違えたらどうしよう、変なやつだと思われたらどうしよう、といった不安がつきまとい、なかなか積極的に動けないことがあります。でも、例えば語学学校の先生やホストファミリーは、あなたが外国人で、違う文化の人だということを知っています。わからないことは積極的に聞いてみる、相手の言っていることがわからなかったら、ゆっくり話してもらうなど頼んでみる、困ったことがあったら相談してみるなど、積極的にヘルプを仰ぎましょう。意外とみんな、すんなりと親切に教えてくれることに気付くはずです。

ふだん消極的な人は人が変わったと思って、恥を捨て、どんどんコミュニケーションを取ったり、積極的に働きかけてみたりしてください。その方が、絶対に世界は広がり、生活がおもしろくなり、次へのステップにつながるはずです。

みなさんが海外で楽しく安全に過ごし、一生の思い出になるような留学ができることを願っています。

みかんサンド

この記事のアドバイザー

みかんサンド

海外在住ブロガー




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ