「はじめて」をわかりやすく。

注目の美容資格へチャレンジするならコスメ検定をはじめてみよう

注目の美容資格へチャレンジするならコスメ検定をはじめてみよう

2018年には受験者数が30万人を突破し、大注目されているコスメ検定(日本化粧品検定)。美容に関する幅広い知識を基礎から学び、身につけることができます。勉強や受験方法、取得後の資格を活かした働き方など、初めてのコスメ検定についてご紹介していきます!

Remi

この記事のアドバイザー

Remi

ハムスター動画に癒される人事担当者


OPEN

目次

1.コスメ検定(日本化粧品検定)とは

コスメ検定とは、日本化粧品検定協会が定める、化粧品や美容に関する知識の向上と普及を目指し、知識のプロフェッショナルを育成する検定です。第一回目の検定は、2013年11月に実施されました。

美容皮膚科学やメイクアップ技術、睡眠・ホルモン分野から、食事分野に至るまでの各分野の専門家が40名以上監修された内容に基づき、幅広い知識を身につけることができます。

単純に化粧品の合う合わない、良し悪しを評価するものではなく、化粧品の成分や効果・働きを根本から理解して、人それぞれ目的や状態に合った使い方ができるようになることを目指して、この検定は誕生しました。

受験資格はあるの?

受験をするのに制限は特にありません。どなたでも受験することが可能で、何級からでも挑戦することができます。また、1級と2級の併願受験をすることも可能です。受験者の傾向としては、半数以上が化粧品(小売店・メーカー・研究開発など)や美容業界(美容師・ネイリスト・カラーコーディネーターなど)の方が占めていますが、学生の方や一般の方の受験も増えてきています。

中にはご自身の仕事内容に関わらず、「自身の肌の悩みを解決するため」「メイクが好き」「就職活動で生かしたい」など受験理由は様々です。仕事で資格を活かしたい方は、商品の説明をする際により納得感を持って伝えることができますし、自分や周りの方の悩みを解決することにも繋がります。

コスメ検定の受験要項は?

まず、試験は日本化粧品検定の公式HPにて申し込みができます。受験の形式については、マークシート式となっており、所要時間は1級は60分、2級は50分、3級は20分です。受験料は、1級13,200円(税込)、2級 6,600円(税込)、3級は無料となります。

気になる試験範囲は、日本化粧品検定協会が監修している、検定公式テキスト「コスメの教科書第2版」より出題されますので、公式HPにてテキストをチェックしてみましょう。検定のスケジュールですが、3級に関しては、日本化粧品検定のHPにて随時WEB受験が可能です。1、2級は、年に2回(5、11月)実施され、全国各地に実施会場を設けているため、申し込み時に自宅から近くの会場を選択するシステムとなっています。

2020年4月現在では、5月に実施予定の検定は「札幌・仙台・東京・横浜・さいたま・千葉・静岡・名古屋・京都・大阪・福岡」で行うようですが、特別会場として、プラス9箇所の会場を設ける予定です。開催年や月によって、実施する会場の数が異なるようなので、受験をするタイミングで、日本化粧品検定のHPにて確認されることをお勧めします。

結果に関しては、受験から約1ヶ月後の予定で、合格者には合格証書が発行され自宅に発送されます。そのため、もし仕事で資格が必要な方に関しては、検定が年に2回なので、早めに予定を立てることが良さそうです。

・1~3級の内容はどう違う?
コスメ検定は1〜3級まであり、学ぶ内容や試験内容はそれぞれ異なります。まず、初心者でも最初に取り組みやすいのが3級です。3級に関しては、コスメの基本的な部分を学び、間違えがちな知識を正し学習します。

続いて2級は、3級で学んだ基礎知識に加えて、より詳しく皮膚の構造や肌悩みに対する、化粧品の選び方やメイク方法を学ぶことができ、生活習慣に関する知識も習得します。

最後に1級は、これまでに得た知識に加えて、化粧品の成分や製品の働き・種類などを中心に、そもそもの化粧品の歴史や法律まで、幅広く学びます。1級は化粧品の専門家を目指し、コスメを読めるプロになることを目指すことができます。

< Back
1 2 3 4
28 件
Remi

この記事のアドバイザー

Remi

ハムスター動画に癒される人事担当者




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ