「はじめて」をわかりやすく。

注目の美容資格へチャレンジするならコスメ検定をはじめてみよう

注目の美容資格へチャレンジするならコスメ検定をはじめてみよう

2018年には受験者数が30万人を突破し、大注目されているコスメ検定(日本化粧品検定)。美容に関する幅広い知識を基礎から学び、身につけることができます。勉強や受験方法、取得後の資格を活かした働き方など、初めてのコスメ検定についてご紹介していきます!

Remi

この記事のアドバイザー

Remi

ハムスター動画に癒される人事担当者


OPEN

目次

2.検定初心者におすすめの勉強方法

独学での勉強の始め方

まずは検定公式のテキストを購入されることをお勧めします。先述した通り、検定の試験についてはテキストから出題されますので、受験する級のテキストを購入しましょう。公式HPからはもちろん、Amazonなどでも購入が可能です。1級用のテキストと、2、3級用のテキストの2種類があり、単行本のみならずA4サイズでより大きく見やすいテキストも販売されているので、ご自身の好みで選んでみましょう。

テキストにはイラストもついており、カラーで見やすく、初心者の方でもわかりやすくまとまっています。そして、暗記がしやすいように、付属の赤シートを重ねると重要語句を覚えやすい工夫がされています。検定に出そうなポイントには、公式キャラクターが目印になっており、独学でも要点を絞って集中して勉強できる仕組みになっているので、安心して進めていけるでしょう。

購入したテキストのみだと、少し不安という方は通信講座ユーキャンにて「コスメ検定(日本化粧品検定)講座」のコースがあるので、こちらを利用しながら学べるとより納得感を持って取り組めるかもしれません。また、テキストのみではなく、学習教材として対策問題集も協会公式サイトにて販売されているので、独学で得た知識が身についているかどうかを試してみるのも良いでしょう。対策問題集は、本番の試験と同様の4択で回答できるので、一度慣れておくのも一つです。

日本化粧品検定 2級・3級対策テキスト コスメの教科書 | Amazon

¥1,870(税込)

化粧品開発者による化粧品の基礎知識、肌の仕組み、薬事法まで、化粧品にまつわる正しい知識を解説いたします。本書は現在美容業界、学校法人などで続々と導入されている注目の資格、「日本化粧品検定(R)」対策用のテキストです。

プロから学ぶスクール紹介

テキストがあると言っても、しっかりと講義を受けて勉強をしたいという方もいらっしゃるでしょう。そういった方には、プロの講師に学べるスクールをご紹介します。協会独自の条件をクリアした認定スクールが全国各地にあり、個人正会員が運営する認定教室や法人正会員が運営する認定校と分かれています。

それぞれの教室によって、講座の開催日や受講料、カリキュラムなどは異なるので、興味のある教室があれば、直接問い合わせをしてみましょう。

スクールに通うメリットとしては、化粧品などの原料に触れることができる体験型の講義があったり、講師の手厚いフォローがあり、基礎知識から応用編まで様々な分野を勉強することが可能です。独学では学ぶ範囲が広くて心配という方は、スクールでの勉強が安心かもしれません。また、認定校では随時検定試験を実施されているようなので、試験のスケジュールがなかなか合わない方にもお勧めです。

また、単発ではありますが、認定スクールが開催している対策講座があるので、スクールに通うことは難しいけれど、独学のみの勉強だと不安という方は、対策講座に申し込みをするのも視野に入れてみるのもいいでしょう。

28 件
Remi

この記事のアドバイザー

Remi

ハムスター動画に癒される人事担当者




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ