「はじめて」をわかりやすく。

リハビリなどを通じて人に寄り添う仕事をはじめるなら作業療法士を目指そう

リハビリなどを通じて人に寄り添う仕事をはじめるなら作業療法士を目指そう

作業療法士という職業をご存知でしょうか?一度は聞いたことある方は多いと思いますが、理学療法士と同じように病院で患者さんのリハビリに携わるお仕事です。今回は作業療法士になる勉強を始めたいと思っている方へ、どのような職業でどうすればなれるのか、理学療法士とどう違うのかをご紹介したいと思います。

left

この記事のアドバイザー

left

何でもチャレンジ系男子


CLOSE

目次

1.作業療法士とはどんなお仕事?

作業療法士(occupational therapist)は通称OTと呼ばれ、理学療法士や言語聴覚士のように体の不自由な方に医療機関などでリハビリテーションを提供する職業です。

「作業」を通じてリハビリテーションを施し社会とのつながりを作っていきます。作業とは我々が普段行っている行動、例えば入浴する、食事を取る、字を書く、トイレで排泄するなど日常生活の様々な行為のことを指します。その「作業」ができなくなると日常生活に様々な支障をきたし自立した生活が困難になります。そして仕事などができなくなり社会から孤立してしまいます。作業療法士は日常生活に必要な具体的な動作を通して治療し、患者さんの日常生活のレベルや生活の質を向上させていく職業です。

理学療法士とどう違うの?

理学療法士と作業療法士、一般の方はともかく医療関係者でも違いが分からない方は意外に多い二つの職業です。大雑把に言うと大きな動作に携わるのが理学療法士、細かい動作を作業療法士が担当します。

理学療法士は歩くことや立つことなど日常の基本動作を治療しますが、作業療法士は例えば「物をつかむ」「文字を書く」「箸を使う」など日常生活の応用的な動作を治療します。また入浴や排泄などの行為も作業療法士が中心となって治療していきます。さらに記憶力や注意力といった「高次脳機能障害」という人間特有の脳機能障害による生活能力低下にも深く関わります。

この他にも多数の作業療法士が小児や介護福祉、精神医学の領域でも活躍しており、カバーしている範囲が理学療法士よりも広いです。そのため目指す人や実際に働いている人にとっては幅広い専門的な知識や技術が必要で大変ですが、しかしその分活躍の幅も広い職業です。

「自分の人生」も「相手の人生」も輝かせる仕事【実はすごい! ! 「療法士(POST)」の仕事】|Amazon

¥1,320(税込)

一生モノの国家資格!!会社員を辞めて目指す人が増加中!!理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の仕事のやりがい、給料、恋愛・結婚まで現場のリアルな声を初公開!

2.作業療法士はどこでどんな活躍している?

動作や脳の機能など幅広い障害のリハビリに携わります

作業療法士の多くは医療機関のリハビリテーションセンターに所属しており、理学療法士や言語聴覚士とともに患者さんの治療にあたっています。脳卒中にかかると半身麻痺や上述の高次脳機能障害をはじめとした重い後遺症が残ることが多く、麻痺した身体の治療や動く方の身体を使っての代替手段を獲得するなどして社会復帰や自立した生活を目指していきます。そして加齢や骨折などが原因の機能低下もアプローチしていきます。具体的には動作そのものに着目して治療しますが、折り紙や書道、手芸などレクリエーション的な要素を取り入れながらの治療も行います。

小児や介護、そして精神科などでも活躍し働き方も幅広くカバーしています

他のリハビリの技士と同様、小児や介護といった分野でも活躍しています。そして精神科でも多くの作業療法士が活躍しています。料理や手芸、レクリエーションなどを通じて「何かできた」という達成感や集団で他者と交わることを通して対人関係に自信をつけてもらうなど生活につながる自信を作業を通して身につけてもらえるようなリハビリを行っています。

介護福祉の分野も高齢化に伴い徐々に需要が高まっています。介護福祉においては治療というより、今ある能力をいかに少しでも長く維持していけるかというリハビリを行っています。永続的にやるため機能訓練というより集団でレクリエーションやお絵かきなど楽しみながら継続していける内容を主にやっていきます。

小児の分野では脳性麻痺など先天的に障害を持つお子さんに関わることが多く、手足の可動域制限があったり、そもそも何のためにあるのか意味が分からなかったりするため、手足の動かし方やどこまでの動作や行為ができるか評価し、できることを学んでもらうようなリハビリを行っています。

3.作業療法士になりたい!

作業療法士になるには国家資格が必要

作業療法士は国家資格を持った人のみ名乗ることができる職業です。理学療法士同様、高校卒業後に3年~4年間専門の養成校に通い、規定のカリキュラムを受け卒業した者だけが国家試験を受験できます。そして試験に合格すると資格を与えられ作業療法士としてお仕事をすることができます。

作業療法士の養成校に通うために必要な学費ですが、理学療法士とほぼ同様の条件で国立四年制の養成校で約250万円、私立になると四年制で約600万円と二倍以上の学費がかかります。さらに一人暮らしなら生活費、実家でも交通費がかかりますし、学校によってはバイトも困難なこともあるくらい忙しく厳しいため相当額の金銭も考慮しなければなりません。

クエスチョン・バンク 理学療法士・作業療法士国家試験問題解説 2020|Amazon

¥4,950(税込)

クエスチョン・バンクシリーズは理学療法士・作業療法士の国家試験の共通問題の解説書です。 最新の54回国試から過去18回分を同一問題・類似問題を分析して掲載し、効率よく学べます。

合格したら、晴れて作業療法士に

国家試験の受験基準を満たすと、養成校を卒業でき国家試験を受験することができます。国家試験は毎年2月下旬から3月上旬に年1回行われ、3月下旬に合格発表があります。試験問題は午前と午後各100問づつ出題され時間は各160分です。配点は1問1点の一般問題が160問、1問3点の実地問題が40問で計280点満点です。合格基準は実地問題42点以上で総得点が168点以上です。

合格率は毎年80%前後と高水準で推移しています。ちなみに2015年は77.5%でした。しかし、厳しいカリキュラムの養成校を卒業した方ばかりが受験に臨むため、ほとんどの人が対策を講じて受験するためこの高い合格率と考えられるため、対策を疎かにすると合格は難しいです。

作業療法士は広く活躍できる職業

作業療法士は日常的に用いられている具体的な動作や行為を治療していくお仕事です。内容も集団で遊ぶようなものだったり、絵画や料理などリハビリ終了後も趣味となりうるような活動を通してのもののため、患者さん自身も楽しみながらできるものも多いため、関係も築きやすく、患者さんの可能性やできることも広げていける魅力のあるお仕事ではないかと思います。

しかしハンデのある方を相手にするためその分責任も重い職業です。そのため養成校もカリキュラムが厳しく、留年や退学せざるを得ない学生が毎年多数現れます。とてもやりがいのある仕事ですが、資格を取って職に就いてからも大変です。しかしきちんと勉強し、仕事をこなし、なおかつ人間関係をうまく構築していけば社会人および一人の人間として成長できる職業ではないかと思います。

患者さんが自分の治療を通じて治っていく姿や、本人やご家族からの感謝の言葉は何事にも代えがたい喜びややりがいとなるため人のためになりたい職業を将来考えている方は検討されてみてはいかがでしょうか。

left

この記事のアドバイザー

left

何でもチャレンジ系男子




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ