「はじめて」をわかりやすく。

社会福祉士をはじめる前に仕事内容や勉強方法を抑えておこう!

社会福祉士をはじめる前に仕事内容や勉強方法を抑えておこう!

初めて社会福祉士試験を受験する方が知っておきたい試験の難易度や合格率、受験資格を得るために必要な実務経験や学校(通信及び通学の一般養成施設など)の概要、そして合格後の仕事の内容や気になる給料まで簡単に書いてみたいと思います。

となきん

この記事のアドバイザー

となきん

ファイナンシャルプランナー


CLOSE

目次

1.社会福祉士ってどんな資格?

医療や福祉における相談援助の専門家!

皆さんは「社会福祉士」と聞いて、どのような仕事を思い浮かべるでしょうか?介護福祉士であれば「介護の仕事をする人だな」と漠然とイメージが湧くと思いますが、いきなり社会福祉士と言われても、ピンと来ない方が多いかと思います。

社会福祉士とは、身体や精神の障害、高齢などを理由に日常生活を送ることが困難な人々の相談に乗り、適切な助言・援助を行い、さらに相談者にとって必要な福祉・医療サービスを提供する機関との調整をすることで、彼らの生活の改善を図ることを目的とした資格です。

主に福祉施設で活躍しており、介護福祉士などの直接的な支援とは異なり「相談援助」に特化した仕事であるという特徴があります。老人ホームや障害者施設などで、施設の利用者の様々な相談に乗る職員をイメージすると分かりやすいと思います。1987年に介護福祉士とともに国家資格としての制度が設けられた、比較的新しい資格です。

資格を取得するメリットは?

社会福祉士は「名称独占資格」と呼ばれるカテゴリに属する資格です。名称独占資格とは、医師や弁護士といった、その資格がないと業務を行うことが出来ない「業務独占資格」とは異なり、例えば社会福祉士を所持することで社会福祉士を名乗ることは出来るけれども、社会福祉士の主たる業務である相談援助は社会福祉士の資格所持者以外でも可能、という性質の資格です。

それでは資格を取得する意味がないのでは?と思う方も多いかもしれませんが、福祉施設において社会福祉士を設置することで補助金が加算されたり(つまり、職員の採用において社会福祉士が優遇される)、学校において生徒の問題を保護者らと協力して解決を図るスクールソーシャルワーカー(SSW)は社会福祉士でなければ就くことが出来ないなど、社会福祉士であることで享受出来るメリットは数多くあります。

また、近年注目を集めている成年後見制度(認知症などで判断能力の衰えた高齢者などを、後見人として支援する制度)においては、弁護士、司法書士と並んで職能職業後見人となることも可能です。このように、名称独占資格ではあるものの、実際は業務独占の要素が強いのが社会福祉士の資格であり、これらの要素が取得するメリットのひとつと言えるでしょう。

2.社会福祉士は、どういう人が受験出来るの?

試験を受けるための「受験資格」があります!

社会福祉士の試験ですが、宅建や簿記といった資格とは異なり、誰でも受験が出来るわけではありません。試験を受けるためには、受験資格を満たす必要があります。

大まかに分類すると、
「福祉系の4年制大学を卒業する」
「福祉系の短大を卒業してから実務経験を積む」
「実務経験を積んでから社会福祉士養成施設で勉強する」
「一般の4年制大学を卒業してから社会福祉士養成施設で勉強する」
といったルートに分かれます。

受験資格取得のためのそれぞれの道のりについて、もう少し詳しく見てみましょう。

大学?専門学校?実務経験?受験資格を満たすルートを決めよう!

受験資格取得までのルートですが、資格取得を検討されている皆さんの現在の状況により大きく異なります。

現在社会人や主婦の方で、一般の4年制大学を卒業している場合は「社会福祉士一般養成施設」に入学し、1年以上のカリキュラムを経て受験資格を取得するのが一般的です。短大卒・高卒の場合ですと、まずは無資格で福祉施設に就職し、そこで1~4年の実務経験を積んだ上で、社会福祉士一般養成施設を修了する流れとなります。

一方で、現在大学入学前の中高生の方などの場合は、4年制の福祉系大学で指定科目を履修するのが王道です。この場合、卒業見込みの状態で試験を受験出来ますので、大学卒業と同時に社会福祉士になることが可能となります。

上述の3通りのルートが一般的ではありますが、「児童福祉司として働いていた」といった経歴の方の場合、社会福祉士短期養成施設(6か月~1年)を修了することで受験資格を取得出来るなど、受験資格取得までの道のりを短縮することが可能です。

社会福祉振興・試験センターが公開している資格取得ルート図(http://www.sssc.or.jp/shakai/shikaku/route.html)を確認し、ご自身にとって最短距離となるルートを選択してください。

社会福祉士の仕事 (【こんなにおもしろい】) | 飯塚 慶子 | Amazon

¥1,980(税込)

高齢社会に立ち向かう国家資格「社会福祉士」。AIには代われない、心のヒダを癒す仕事。認知症・うつ病・虐待に寄り添う仕事。

3.受験資格を取得したら…いざ社会福祉士試験にチャレンジ!

試験の内容は多岐に渡ります!

受験資格を取得したら、今度は試験にチャレンジです。社会福祉士試験の特筆すべき点として、その科目数の多さが挙げられます。

「相談援助の理論と方法」、「障害者に対する支援と障害者自立支援制度」、「低所得者に対する支援と生活保護制度」
といった、社会福祉士として必須の知識を問う科目がある一方で、「人体の構造と機能及び疾病」という医学的な知識を問う科目や、「心理学理論と心理的支援」という心理学についての知識を問う科目もあり、科目数は実に19にも及びます。

それらの科目をまんべんなく勉強する必要があるため、付け焼刃ではない地道な学習が求められます。では、気になる試験の難易度について見てみましょう。

気になる試験の難易度は?独学は可能?

社会福祉士試験の合格率ですが、ここ数年は25~30%を推移しており、同じ福祉系資格である介護福祉士(合格率60~70%程度)、精神保健福祉士(60%前後)に比べると非常に低い水準となっています。受験資格を満たすだけでも一苦労の社会福祉士ですが、それをクリアした人のうち約4人に1人しか合格出来ないという、厳しい試験と言えるでしょう。

試験にはおおよそのボーダーラインが設けられており、6割(150点満点中90点)程度の得点を求められますが、これはその年の試験の難易度で前後します。そしてここからが重要なのですが、「17科目でそれぞれ1点以上(「就労支援サービス」「更生保護制度」の2科目については、合計で1点以上)」を得点する必要があります。

つまり、1科目でも0点を取ってしまうと、その時点で不合格になってしまうということです。そして、一部の科目を除き各科目の配点は7点(1問1点で7問出題)しかないため、試験日までに全ての科目に手が回らず、一部の科目で0点となり自動的に不合格となってしまうケースが後を絶ちません。そうならないためにも、半年程度は勉強期間を設けることをオススメします(1ヶ月で合格したといった報告もありますが、全科目に手が回らないリスクを考えるとオススメ出来ません)。

独学は可能かという点ですが、結論から申しますと独学は可能です。大学や養成施設で使用しているテキストなどに加え、過去問を数年分収録した問題集を購入しましょう。社会福祉士試験は他の試験同様に過去問が重要ですので、問題演習で出来なった箇所を洗い出し、テキストで確認していく方法をオススメします。問題集を全て解けるようになった頃には、合格のボーダーライン上には既に乗っていると思われます。

社会福祉士国家試験のためのレビューブック2021 | 医療情報科学研究所 | Amazon

¥5,280(税込)

【第23~32回の国試10年分の内容をコンパクトにまとめた参考書!】
専門科目、共通科目の内容を1冊で網羅。過去5年間で問われた内容は青字になっているので、「よく出る」「おさえるべき」重要ポイントが一目で分かる。

見事合格!その後のステップアップはどうする?

毎年2月上旬に行われる社会福祉士試験。3月の合格発表で見事合格したら、まずは社会福祉士として資格登録をしましょう。3月中に登録申請をすれば、4月頃には登録証が送られてくるはずです。これにより、あなたも社会福祉士を名乗ることが可能となります。

社会福祉士となった後のステップアップについてですが、新たな資格を目指す場合ですと、精神保健福祉士の勉強をする人が多いです。これは何故かと言うと、社会福祉士と精神保健福祉士は問題の約半分が共通であり、社会福祉士に合格するとその共通科目の部分が免除されるためです。また、社会福祉士に登録していると精神保健福祉士の短期養成施設(6ヶ月から1年程度)に通うことで受験資格を取得出来ます。社会福祉士に合格した翌年に精神保健福祉士を目指すことが可能なため、精神保健福祉士とのWライセンスは非常に目指しやすい目標と言えます。

また実務絡みですと、社会福祉士として登録後に障害者関連の施設で実務経験を積むことにより、サービス提供のまとめ役であるサービス管理責任者になることが出来たり、児童関連の施設で実務経験を積むことにより、施設の中心的役割である児童発達支援管理責任者になることが可能です。

社会福祉士の資格単独でどうこうするというよりは、実務経験を加えて新たな役職を獲得し、ステップアップをしていく方が多いと言えます。社会福祉士の資格を取得する前の段階から、将来のキャリアアップを想定しておくのが理想と言えるでしょう。福祉系最難関と言われる社会福祉士ですが、資格を取得したときのリターンは大きいです。皆さん頑張ってください!

となきん

この記事のアドバイザー

となきん

ファイナンシャルプランナー




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ