「はじめて」をわかりやすく。

建設業経理士でステップアップ!サクッとはじめる建設業の経理

建設業経理士でステップアップ!サクッとはじめる建設業の経理

建設業経理で必須の建設業経理士の勉強を始めるには?とっつきにくいけど試験内容は工業簿記の建設業版です。建設会社の決算書がすらすら読めるようになる。取得すれば経営事項審査も自分で出来るようになります。仕事の幅を広げて活躍の場を広げていくには狙い目の資格です。

湊 紘毅/行政書士

この記事のアドバイザー

湊 紘毅/行政書士

法律を学びたい、と思う人達を応援する記事を書いています。


OPEN

目次

1.建設業経理士の勉強を始める前に

建設業経理士の試験は、建設会社が決算書を役所に提出する事務に関わっている人が勉強すると大変便利です。建設会社特有の勘定科目などがあるので、建設会社の経理事務は他の業種とは少し異なった記載方法があります。建設業経理士の勉強をすると、このような建設会社の毎日の経理事務や決算書を作る上で大変役立ちます。

建築現場でも経理は重要です

建設業経理士ってどんな試験?

建設会社は注文者から依頼を受けて建物を作って売るというのが基本的な事業です。小売店など商品を仕入れて売る商売とは違って、工業系の簿記の知識が必要になります。工業系の簿記の試験ではメジャーなところでは日商簿記検定がありますが、建設会社特有の記帳方法や勘定科目があるので、この資格を取得しておくと建設会社で経理事務をする上で役立ちます。

試験内容は建設業者向けの工業簿記の試験です。建設会社の経理部門に従事している人を対象とした試験なので、建設会社に勤めている人には、取得しておくと業務の幅が広がるので、お薦めといえます。

建設業経理士を取得すると何に役立つの?

建設会社は公共工事を受注する際、経営事項審査を受けなければいけません。これは都道府県庁に申請をして、会社の財務体質や工事実績などを示して、公共工事を受注出来る会社か判断するための審査です。従業員に建設業経理士2級以上の人がいると、この審査で加点されて有利になります。なので、従業員に建設業経理士2級以上の保持者がいると会社から大変重宝されます。それほど、難しくない資格ですが、実務上(特に建設会社)ではとても役立つので狙い目の資格と言えるでしょう。

建設業経理士は1級2級は年2回試験がある

建設業経理士試験は1級から4級まであります。1級が1番難しい試験です。実務で役立てるには2級以上の試験に合格した方が良いと思います。試験は1級と2級は3月と9月に年2回あります。3級と4級は3月に年1回あります。試験レベルは日商簿記検定よりも少し簡単です。

例えば、日商簿記検定2級と建設業経理士2級の試験を比べると、少し建設業経理士2級の方が簡単です。申込は一般財団法人建設業振興基金に試験の3ヶ月程前にします。意外と申込時期が試験日に比べて早いので注意しましょう。インターネットから申込が出来ますので、一度ホームページを確認しておくとよいでしょう。

まず目指すレベルと試験日の確認

< Back
1 2 3 4
35 件
湊 紘毅/行政書士

この記事のアドバイザー

湊 紘毅/行政書士

法律を学びたい、と思う人達を応援する記事を書いています。




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ