「はじめて」をわかりやすく。

旅行好きなら目指したい!初めて旅行業務取扱管理者試験にトライする人へ

旅行好きなら目指したい!初めて旅行業務取扱管理者試験にトライする人へ

旅行業界を目指す人や、現在従事している人ならぜひ取得したい、旅行業務取扱管理者。旅行業界唯一の国家資格ということもあり、人気の資格です。決して簡単に取得できる資格ではありませんが、段階を踏んでいけば大丈夫。ここでは、初めて試験にトライする人へ、旅行業務取扱管理者の基本情報をお伝えしていきます。

みかんサンド

この記事のアドバイザー

みかんサンド

海外在住ブロガー


CLOSE

目次

1. 旅行業務取扱管理者って、どんな資格?

旅行業界に勤める人、今後就職を目指す人にとってぜひ取得したいと言われている、旅行業務取扱管理者。まずここでは、旅行業務取扱管理者とはどんな資格なのかと、人気資格の理由についてまとめました。

どんな業務を行うのか

旅行業務取扱管理者は、旅行業界で唯一の国家資格。旅に関する豊富な知識と技術を有したプロとして、旅行業務に関する取引の公正を確保するため、旅行取引に関する管理と監督を行い、旅行代理店には、1名以上(従業員が10名以上の場合は2名以上)の資格保持者を配置することが法律で定められています。

主に、国内旅行業務のみを取り扱える国内旅行業務取扱管理者と、海外及び国内の旅行業務を取り扱うことができる総合旅行業務取扱管理者の2種類があります。

具体的な仕事内容は、顧客に旅行の申し込み内容を説明、契約を交わす、旅行プランの作成・管理・監督、苦情が出た場合の対応、企画旅行の宿や乗り物などの予約手配の管理・監督、料金表や広告のチェックと管理、重要書類の保管などと多岐にわたりますが、全て、顧客の安全で快適な旅をサポートすることに繋がっているのが特長です。

空港利用客を案内するスタッフ

取得後の道―激戦の旅行業界で、一歩も二歩も差をつける

個人旅行が主流になりつつも、旅行会社を利用した旅行者はまだまだ多く、旅行業界は以前から人気の高い業界です。さらに、前述のとおり旅行代理店には最低でも1名の有資格者が必要であるため、法律による一定のニーズがあるとも言えます。

旅行業務取扱管理者の資格を取得しているということは、旅行業界に強い志望があり、具体的な努力をしたという証になるため、専門知識を持っている即戦力として評価され、就職、転職の際には有利になる可能性が高いです。

また、すでに旅行業界で勤務している場合は、仕事の幅が広がり、顧客からの信頼もアップするでしょう。資格手当が加わるなど、有資格者は昇給・昇進のチャンスが増えることも。一度取得した資格は生涯有効なので、結婚、出産、引っ越しなどで一度現場を離れた後でも、再就職の際に役立ちます。

取得後の道―将来は独立開業も夢じゃない

旅行業務取扱管理者の資格があれば、独立開業をすることも可能です。自分オリジナルの旅行プランや、自分のアイディアを形にした企画を作成し、ユニークな旅行会社を立ち上げることもできるでしょう。

旅行業務取扱管理者の資格が役立つのは、仕事の場面だけではありません。プライベートでも、費用や時間の面で効率よい旅のプランを作ることができます。国内の観光名所や文化にも詳しくなれるため、友人や家族との旅行がより魅力的になり、また、観光案内のボランティア活動などにも役立つでしょう。

東京を旅行する人たち

2. 旅行業務取扱管理者試験の概要

では次に、旅行業務取扱管理者の試験について詳しく見ていきましょう。試験制度は年度によって変更になることもありますので、ご自身で必ず最新情報を確認してくださいね。

試験概要

国内旅行業務取扱管理者は毎年9月、総合旅行業務取扱管理者は10月に国家試験が行われます。国内は一般社団法人全国旅行業協会(ANTA)、総合は一般社団法人日本旅行業協会(JATA)と主催団体が異なります。

受検資格は特になく、経験や年齢にかかわらず誰もが受検することが可能です。どちらも、北海道から沖縄までの11箇所で受検することができ、受検料は国内が5,800円、総合が6,500円です。

試験は全てマークシート式で、各科目60%以上の正答で合格となります。受検時間は国内が120分、総合は200分です。

難易度は?

国家試験であるだけに、その難易度は気になりますよね。平成25年から30年度までの過去6年間の合格率を見てみると、国内が27%~38%、総合が8%~16%程度と、他の国家資格に比べると高めですが、国内と総合で非常に大きな開きがあることがわかります。

国内は、以前に比べて少しずつ合格率が上がり、3人から4人に1人が合格できるようになりました。さらに合格者の半数近くは学生が占めており、就労経験がなくても十分合格を狙えることがわかります。

一方で総合は、旅行関連業に携わっている人の合格率が高く、この点からも、国内と総合の難易度に大きく差があると言えるでしょう。

地図を広げる女性

試験免除制度もあり

国内の受験科目は、(1)旅行業法、及びこれに基づく命令 (2)旅行業約款、運送約款及び宿泊約款 (3)国内旅行実務​の3つで、総合はここに (4)海外旅行実務が加わります。

ANTAが実施している国内旅行業務取扱管理者研修を受講し、かつ修了テストに合格すると、受検の際に(3)国内旅行実務の科目が免除になります。総合も同様で、JATAが主催する総合旅行業務取扱管理者研修に参加し、テストに合格すると(4)海外旅行実務の免除を受けることができます。

ただし、どちらも研修の参加条件として、現在旅行業務に従事していることや3年以上の経験があることなどがありますので、学生や未経験の人は参加できません。また、すでに国内旅行業務取扱管理者を取得していて総合旅行業務取扱管理者の試験を受ける場合も、試験科目の一部が免除されます。

各種研修や試験免除制度の仕組みが少々複雑で、かつ受検区分も細かく分かれているため、最新情報を自身でしっかり確認しましょう。

旅行パンフレットを見せながら説明する男性

3. 旅行業務取扱管理者試験に合格するには

最後に、試験合格のための学習方法をお話しします。

初めてなら、まずは国内から

前述したとおり、国内旅行業務取扱管理者の合格率は高めですが、総合旅行業務取扱管理者は非常に難しい試験です。

受検区分別に合格率を見てみると、(4)海外旅行実務を受けている(免除になっていない)人たちの合格率が低い傾向にあります。つまり、最大の壁は海外旅行実務であるということ。そのため、学生や勤務経験がまだ浅い人などは、まずは国内旅行業務取扱管理者の合格を目指し、その後に総合旅行業務取扱管理者の試験に臨むという方法が確実ではないでしょうか。

もちろん、国内と総合両方を同じ年に同時に受検することも可能です。それぞれの試験の間は1ヶ月あるので、学習の状況を見ながら、年内に総合を受検するか次年度に回すかを決めても良いでしょう。なお、国内の結果が出てから総合の受検申し込みをすることは、期間上できないので気を付けてください。

旅の行き先を相談する2人の女性

国内なら、独学でも可能

合格のために必要な学習時間は、国内で200時間程度と言われています。ポイントは、試験の合格要件が「全体で」60%以上ではなく、「各科目で」60%以上取得する必要があるということ。そのため、苦手な科目をなくし全ての科目において70~80%を目指したいところです。

全体的に独学での対策がしやすい資格ではありますが、最難関は、「国内旅行実務」。例年、膨大な範囲の中からランダムに出題されるため、合否の分かれ道であると言われています。これといった有効な対策はありませんが、過去問の出題を抑える、という点は必須です。

学習のポイントは、「インプット→アウトプットの反復」です。法律の話など初心者にはわかりづらい概念も多いため、いきなり過去問に手を出すのではなく、テキストでしっかり学習をしてから問題にチャレンジするという方法がおすすめです。

なお、国家試験であるため公式のテキストや問題集はありません。インターネットで簡単に購入できる現代ですが、テキストに関しては実際に書店に足を運び、中を自分で確かめて購入することをお勧めします。書いてある内容にはさほど大きな差はないため、イラストや図の使い方など、「どのように書いてあるか」に注目して選びましょう。

テキストはいくつもに手を出さず、1冊を完全にマスターするつもりで取りかかってください。ただし、問題集に関しては、1冊の問題集をマスターできたら2冊目に取りかかる、という方法もありです。

国内なら独学でも目指せます。

通信講座、オンライン講座も利用してみよう

なかなか普段聞き慣れない用語などで、苦戦することもあるでしょう。そんなときは、「ユーキャン」などの通信講座や、「オンスク」「LEC」などのオンライン講座を利用してみてはいかがでしょう。

わからないところをプロに質問することができるサービスなどもあり、独学では不安がある人や、独学でやってみたもののうまくいかなかった人などには安心のシステムです。ユーキャンは6ヶ月間テキストなど込みで47,000円、オンスクは国内のみですが月額980円から、LECは4科目一括で71,500円ですが、欲しい科目だけ購入することもできます。

自分に合った学習スタイルを見つけてみましょう。

通信講座で学習

旅行業界唯一の国家資格を取得して、活躍の場を広げよう

旅行業界で働いてみたい、一生使える資格を取りたい、自分の旅行代理店を立ち上げたいなど、受検に挑戦する動機は様々。でも、難易度の比較的高い国家試験だからこそ、ぜひ明確な目標を持って取りかかりましょう。

「なんとなく旅行が好きだから」という漠然としたものだと、途中でつまずきやすくなります。合格したらどういうことをやってみたいのか、どういう風に資格を活かしたいのかと、合格した先のことを考えてみてください。学習のモチベーションも上がり、合格にまた一歩近づくことができるでしょう。

2020年版 ユーキャンの国内・総合旅行業務取扱管理者 速習レッスン | ユーキャン旅行業務取扱管理者試験研究会, 西川美保, 山本綾 | Amazon

¥3,080(税込)

【書店売上No.1! 】増税に伴うJR&航空各社の運賃・料金改定など、最新の法改正・制度変更をしっかり反映した基本テキスト!ユーキャンの通信講座で培ったノウハウを活かし、受験経験のまったくない方でも、“出題分野に応じた正しいアプローチ方法"で、効率よく、楽しく学習を進められるよう、図解・イラストなどをたっぷり使用し、わかりやすさと丁寧さにこだわって編集しました。

みかんサンド

この記事のアドバイザー

みかんサンド

海外在住ブロガー




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ