「はじめて」をわかりやすく。

レクリエーション介護士はどんな仕事?はじめる前に仕事内容を調べよう!

レクリエーション介護士はどんな仕事?はじめる前に仕事内容を調べよう!

介護施設では機能回復のためのリハビリだけでなく、高齢者の方に喜びや生きがいを持ってもらうためにレクリエーションに力を入れたいと思う施設が多くなってきているようです。介護福祉士の試験では学べないレクリエーション介護士の資格取得方法、介護施設での目的や活かし方についてお伝えします。

roselly

この記事のアドバイザー

roselly

おひとり上手女子


CLOSE

目次

1.レクリエーション介護士はこんな仕事

高齢者の生きがいづくり! 

レクリエーション介護士は施設などで体操やレクリエーションを行い、個々の趣味や楽しめることを一緒に行っている方をイメージするとわかりやすいと思います。

レクリエーション介護士には2級と1級があり、2級は2014年に作られた資格で、近年の介護施設では機能回復や介護予防だけでなく高齢者の生きがいを与えるため、生活の質を向上させることを重要視する施設も増えてきました。また3人に1人が高齢者になる時代、レクリエーション介護士が求められることも多くなりメディアで取り上げられるほど注目されてきています。

レクリエーション介護士2級は、介護が必要な高齢者との接し方などを学び、高齢者の生きてきた背景を知ることで、一人ひとりにあったレクリエーションを企画・提案・実施し、生きる喜びや楽しみを見いだせるようお手伝いをしていきます。

介護現場ではレクリエーションを学べていない職員も多く、現場の声としては介護レクを学びたい・学んでほしいという声もあり、とても需要のある資格となってきています。

レクリエーションの目的

高齢者は加齢とともに心と身体の機能が低下し、今までスムーズにできていたことができなくなってきてしまうと、外出することが億劫になってしまったり徐々に人との関わりも少なくなり自分らしい生き方が難しくなっていきます。

そこでレクリエーション介護士が様々なレクリエーションを企画・実施することで脳や身体、心の健康に良い影響を与えることができます。

・脳や身体機能の活性化 
体操の中にも脳を使った体操や、折り紙は季節のお花を折ることで四季も感じることができ、そこでのコミュニケーションもとりやすくなります。指先を使う動作は脳を活性化させ認知症の予防につながるとされています。

・コミュニケーション促進
外出をする機会の減少により人との関わりが少なくなり、ひとり暮らしの高齢者の場合引きこもりやうつ病になってしまうこともあります。コミュニケーションの減少は認知症の原因とされています。デイサービスなどのレクリエーションを通じて社会参加や人との繋がり、楽しさを感じていただくことで脳の活性化に繋がります。

・生活の質を向上させる
脳や身体機能や向上し、コミュニケーションが増えると、日常生活の質も向上していきます。“人間らしく、生きる喜びや楽しみを見出しているか”介護において重要視されています。

2.レクリエーション介護士になるためには?

レクリエーション介護士2級の取得方法は日本アクティブコミュニティ協会が認定する講座を受講し、試験に合格する必要があります。資格取得方法は通信講座と通学講座の2つの方法で取得が可能です。ここではレクリエーション介護士2級の取得方法についてそれぞれお伝えしていきます。

通信講座で受ける場合

ユーキャンの場合、申し込むとテキストやDVD教材が自宅に届くので、自分の都合の良いときタイミングで勉強でき、学習時間は1日30分~1時間程度なので働きながら資格取得を考えている人におすすめです。試験も在宅で受験することができます。

費用は一括払いで35,000円です。分割払いは2,980円×12ヶ月(35,760円)となります。資料請求はユーキャンの公式ページから行えます。

通学講座で受ける場合

通学講座は1日6時間×2日間(約12時間)受講し、筆記試験(選択式50問)で60点以上で合格となります。通学講座は添削課題の提出が必要です。

費用は35,000円~40,000円程度となりスクールによって違いがあります。

3.レクリエーション介護士として活躍するには

介護の現場で活かそう

レクリエーション介護士という名の通り、介護の現場が活躍できる場として挙げられます。老人ホームやデイサービスではレクリエーションに力を入れたいということからレクリエーション介護士の求人を募集しているところもあります。

レクリエーションは、認知症の予防にとても効果が高いと言われています。高齢者介護施設で勤務するレクリエーション介護士は、施設全体の盛り上げ役、そして利用者同士、利用者とスタッフを繋げるコミュニケーションの大事な架け橋となります。

今後の超高齢化社会に向けては、介護スタッフとして重要な役割となっていく資格ですが、まだまだ知名度の低い資格のため、資格手当に結びつく可能性も出てくるかと思われますので、ニーズの高い職種となるはずです。その他の介護資格と合わせての取得をオススメします。

その他に活躍できる場所として挙げられるのは、レクリエーション・インストラクターという職業があります。正式に働く場合は資格を取得する必要がありますが、ボランティアや趣味で行う程度であれば問題がないようです。

お子様がいる方や子供が好きな方はレクリエーション行事のお手伝いなどに資格を活かしてみてはいかがでしょうか。

レクリエーション介護士として

レクリエーション介護士は介護の知識や経験がなくても受けられ、この資格が出来てからまだまだ知名度は低いものの現場の声を形に作られたレクリエーションが介護士として、高齢者が日常生活の中で笑顔や活気を取り戻し、生きがいと健康ににつながるサポートができるととてもやりがいを感じます。

今後大きな可能性を秘めた資格として取得してみるのはいかがでしょうか。

車いす、片マヒの人もいっしょにできる 高齢者のレクリエーション | Amazon

¥1,870(税込)

体を使ったゲーム、頭を使ったゲーム、絆を深めるゲームなどさまざまなレクを収録。

roselly

この記事のアドバイザー

roselly

おひとり上手女子




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ