「はじめて」をわかりやすく。

ファイナンシャル・プランナー3級をはじめるために勉強方法や資格の活かし方

ファイナンシャル・プランナー3級をはじめるために勉強方法や資格の活かし方

ファイナンシャル・プランナー3級(FP3級)に興味を持った方が知っておきたい、試験の概要や勉強方法、難易度(テキストや過去問での独学が可能か)、そして試験実施機関である「FP協会」と「きんざい(金財)」のどっちに申し込みすべきなのか等を解説したいと思います。

となきん

この記事のアドバイザー

となきん

ファイナンシャルプランナー


CLOSE

目次

1.ファイナンシャル・プランナー3級(FP3級)ってどんな資格?

FP3級は、「お金」にまつわる様々な知識を学びます!

皆さんは「ファイナンシャル・プランナー」と聞いて、どのような仕事を思い浮かべるでしょうか?ファイナンシャル・プランナーとは、相談者の人生における夢や目標のための計画を「お金」という側面から分析・助言する仕事で、必要に応じて弁護士、税理士などの専門家と連携し、相談者の目標とする人生を実現させるための計画(ファイナンシャル・プランニング)を作り上げます。

具体的には、「〇歳に子供を産む」「〇歳に家を建てる」「〇歳から年金を受給する」といったライフイベントに沿って、「〇歳までに〇〇円貯金が必要」といった分析を行い、それを実現するためにはどうすればいいのかを計画していきます。

そして、このファイナンシャル・プランニングを行うにあたって必要な知識を習得するために学習するのが「ファイナンシャル・プランニング技能検定(FPなどとも呼ばれています)」という国家資格試験で、その登竜門が「ファイナンシャル・プランナー3級(以下、FP3級)」となります。

FP3級を取得するメリットって?

FP3級ですが、仕事としてファイナンシャル・プランナーを志したいという人であれば、FP3級はもちろん、その上位資格であるFP2級、FP1級の取得も視野に入れたいところですが、そうでない人でもFP3級を取得するメリットは多分にあります。

FP3級は上述の通りお金にまつわる試験です。そのため、日本における税制や金融、相続といったお金を扱う上で避けて通ることの出来ない知識を、学習を通じてたくさん触れることが出来ます。「為替」「投資」といった単語に苦手意識を持っている人でも、FP3級の学習を進めることでアレルギーが無くなっていくことが期待出来ます。そして、自身のライフイベントに沿った資金計画を立てる、という考え方を学ぶことも出来るため、長期的な視野で自分の人生を見直すことが出来ます。

また、既に銀行や証券会社などに勤務している方であれば、FP3級で学習する知識は仕事に直結します。将来的に上位資格のFP2級、1級を取得すれば、会社によっては資格手当も期待出来ますし、入社の段階で資格取得を推奨する会社もあります。金融業界で働いている方にとっては、必須の資格と言っても過言ではないでしょう。

2.FP3級の試験内容をご紹介!

「学科試験」と「実技試験」があります。

FP3級の試験内容ですが、学科試験と実技試験があります。まず学科試験ですが、「ライフプランニングと資金計画」「リスク管理」「金融資産運用」「タックスプランニング」「不動産」「相続・事業承継」の6つがあり、それぞれ主に以下のことを問われます。

・ライフプランニングと資金計画・・・公的医療制度や年金、住宅ローン、教育ローンなど
・リスク管理・・・生命保険、損害保険、生命保険料の仕組みなど
・金融資産運用・・・株式投資、投資信託、経済指標、マーケットの変動要因など
・タックスプランニング・・・日本の税制、所得税の申告と納付方法、所得控除など
・不動産・・・不動産の取引・賃貸、不動産に関わる税制など
・相続・事業承継・・・相続・贈与に関わる法律・税制、不動産の相続対策など

さらに実技試験として、金融財政事情研究会(きんざい)が実施する「個人資産相談業務」「保険顧客資産相談業務」と、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)が実施する「資産設計提案業務」があり、いずれか1つを選択して受験する必要があります。それぞれ主に以下のことが問われます。

・個人資産相談業務・・・金融資産、不動産、ライフプランニングなど、学科試験で問われる知識全般
・保険顧客資産相談業務・・・保険分野に特化した知識
・資産設計提案業務・・・上記の個人資産相談業務同様、学科試験で問われる知識全般

学科試験については試験範囲が固定されているのですが、実技試験については「きんざい」または「日本FP協会」が実施する計3種類の試験からひとつを選択する必要があります。では、「きんざい」「日本FP協会」のどちらで受験するのが良いのでしょうか?

「きんざい」「日本FP協会」2種類の試験があります。どっちがいいの?

「きんざい」「日本FP協会」のどちらの試験を受けた方がいいのか?という疑問を持つFP受験生は多くいます。試験日程、受験料ともに同じで、どちらで合格してもその価値に変わりはありません。そして、学科試験でもきんざいと日本FP協会で違いはありません。

ではどこに違いがあるかと言うと、前述の実技試験にその違いがあります。きんざいの実施する実技試験では、市販の問題集を踏襲した問題が多く、問題集を攻略すればそれが合格に繋がるのですが、その一方で受験生を唸らせる難問が出題されることも多いです。

一方、日本FP協会の実施する実技試験では、新聞などから出題する実務系の問題が多く、これらを攻略するには日頃より新聞などをチェックしておく必要があります。その一方で、きんざいで出題されるような難問は少なく、標準的な問題を解けるようになっていれば攻略しやすいです。

以上の特徴から、日頃から問題集などを使用する試験に慣れている人は「きんざい」、日頃から新聞やマネー雑誌などを購読している人は「日本FP協会」を選ぶのが良いと思います。

3.FP3級の勉強方法!独学でも合格は可能?

FP3級の難易度と勉強時間について

FP3級の難易度ですが、決して難しい試験ではありません。1か月間、毎日2~3時間勉強すれば合格を狙える試験です。合格率は、日本FP協会では学科試験・実技試験ともに70~80%程度、きんざいでは学科試験が60%、実技試験が40~60%となっており、テキストや問題集を真面目にこなしていれば一発合格が可能です。

なお、きんざいの方が合格率が低くなっていますが、これは会社単位の法人申込はきんざいの試験を受ける場合が多く、勉強をしていない人も一律で受験するためと言われています。きんざいと日本FP協会で実技試験の問題は異なるものの、難易度自体に数字ほどの差はないと推測されます。

なお合格ラインは学科試験・実技試験ともに60%で、それぞれ60%を取れば自動的に合格となります。

独学でも十分合格可能です!

独学で合格は可能かという点ですが、これは十分可能です。市販のテキストと過去問題集(テキストと問題集がセットになっているものでも可)を購入し、特に過去問の方を重点的に勉強しましょう。満点は必要のない試験なので、過去問を攻略するだけで合格ラインの60%は十分狙えます。

実技試験の問題の違いによる相性はありますが、きんざい・日本FP協会いずれの試験でも、過去問の攻略が合格の要と言えるでしょう。また、試験時間は学科試験が120分、実技試験が60分となっていますので、時間配分を意識することも忘れないようにしてください。

みんなが欲しかった! FPの教科書 3級 2019-2020年 (みんなが欲しかった! シリーズ) | Amazon

¥1,760(税込)

【全ページカラー】 シンプルでわかりやすい解説と、イメージがわくオールカラーの板書。短時間の学習で確実に理解できるテキストで、丸暗記にサヨナラ!
[学科・実技対応 2019年9月、2020年1月・5月試験対策]

見事合格!その後のステップアップはどうする?

FP3級に見事合格した場合、次に目指すべきものは何があるのでしょうか?一番多いのは、そのままFP2級に挑戦するというケースと思われます。FP3級はあくまでファイナンシャル・プランナーの登竜門という位置付けであり、FP2級の受験資格でもあります。そのため、FP2級を目指すという目的でFP3級を受験する人も多いです。

そんなFP2級ですが、実はFP3級と試験範囲自体はほぼ同じです。FP3級で出題される論点を更に深く掘り下げたのがFP2級という位置付けのため、FP3級に合格出来たのであればFP2級に合格する素質も十分にあると言えるでしょう。

また、宅地建物取引士(宅建)を目指す人も多いです。これはFP3級の試験科目に「不動産」があるためで、不動産の知識をより深く追求したい方であれば、FPと宅建の両方を持っていて損はありませんし、不動産業界に勤務している方であれば両方とも持っている人も多いです。その他にも、簿記、法学検定、銀行業務検定といった資格へ進む人も多い印象がありますね。

国家資格の中では取得が比較的容易な試験であるため、この資格のみで活躍することは難しいかもしれませんが、他資格とのWライセンスへの登竜門としては最適なFP3級。ぜひ皆さん試しに目指してみてはいかがでしょうか?

'19~'20年版 最短合格 2級FP技能士 | Amazon

¥2,860(税込)

≪2019年9月、2020月1月・5月試験対応≫
国家検定FP2級学科・実技試験の同時合格を強力にアシスト!
試験傾向を徹底分析した、受検生にとって必携の参考書!

となきん

この記事のアドバイザー

となきん

ファイナンシャルプランナー




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ