「はじめて」をわかりやすく。

初めてでも挑戦しやすい福祉住環境コーディネーター検定を受けよう!

初めてでも挑戦しやすい福祉住環境コーディネーター検定を受けよう!

超高齢化社会の日本。今後も暮らし方が多様化してくる時代です。そのため、高齢者だけではなくすべての人が暮らしやすい環境を整える必要があります。優しい暮らしの提案をするのが、福祉住環境コーディネーターの大きな役割です。今回は初めて受験する方に向けた、資格の概要・学習の手引きをご紹介します。

tamagoyaki

この記事のアドバイザー

tamagoyaki

ひきこもり主婦webライター


CLOSE

目次

1.福祉住環境コーディネーターになるために知っておきたいこと

「福祉」という言葉を聞いて何を思い浮かべますか?また、福祉というと「介護保険など公的な法律が絡む難しいもの」というイメージを持っている方も多いかもしれません。では、そもそも、福祉の対象は何なのでしょうか。その対象は「高齢者」「障害児・者」「児童」「その他の生活困窮者(低所得者や母子家庭など)」という風に大きく4つに分かれています。

福祉の分野では、そうした様々な環境にいる方々が、今よりより快適に生活ができるようにサポートしていくために、様々な専門知識を持った人の存在は必要不可欠なのです。

福祉住環境コーディネーターとは

高齢者や障がい者などが、住みやすい環境というのは、公的な制度が整っているだけでは、それは本当の意味での「住みやすい環境」とは言えません。その根本にある、「住まい」が整えられていなければ、快適な暮らしを送ることは難しいです。福祉住環境コーディネーターは、その「住まい」に着目して、高齢者や障がい者もすべての方々の暮らしを支えていく役割なのです。

住まいや住宅というのは、誰もが生活の中で関わることです。そのため、毎日の生活の中で役に立つ知識をつけるためにも、取得して損のない資格となっています。そうして得た知識は医療や福祉の現場ではもちろん、建築や住宅関係の仕事でも大いに役立つ知識となること間違いないです。スキルアップのためにも、取得することで人気の資格です。

・福祉の住まいのアドバイザー
具体的な資格の発揮場面は、住宅改修プランを提案したり、車いすや介護用ベッドなどの福祉用具をアドバイスすることもあります。そのため、福祉の視点から住まいを支援するアドバイザーという位置づけになります。

資格の種類はいくつある?

福祉の資格と聞いて、何を思い浮かべますか?福祉は、介護の現場というイメージが強いと、介護士という資格を思い浮かべるかもしれません。それに関して、国家資格では、社会福祉士・介護福祉士・精神保健福祉士という「3福祉士」と呼ばれる資格があります。

・福祉住環境コーディネーター検定は、民間資格です!
一方、福祉住環境コーディネーター検定は、東京商工会議所が主催している民間資格となっています。資格の種類は、1級から3級まであります。2級と3級をダブル受験する人も、結構な割合でいます。ただし、1級だけは、2級に受かっていなければ受験することができませんのでご注意ください。本業は他分野であるけれど、スキルアップのために受験する人が多くなっている人気の資格なのです。

2.初心者でも挑戦しやすい資格のワケ

福祉の資格は、社会福祉士や介護福祉士などという風に、国家試験で難しいというイメージを持つかと思います。前の章にあるように、「3福祉士」という資格は、国家資格です。そのため、4年制の福祉系大学を卒業して規定の実習時間や、指定教科を取得していなければ受験することができません。つまり、大変な思いをして受験するための受験資格を得なければならないのです。

・福祉住環境コーディネーター検定は、受験資格なし!
一方で、福祉住環境コーディネーター検定は、民間資格ということもあり、受験資格は必要ありません。福祉の資格の中で受験資格がないのは、珍しい形となっています。一般の方でも比較的取り組み安い資格となっています。

試験の難易度はどのくらい?

2級と3級は、それほど難しい内容の試験レベルではありません。3級は、福祉の概要についてまとめてあったり、大きな枠組みから福祉を見ていく内容になります。これまで全く福祉のことを学んでいなかった人でも、理解して解くことができる内容となっています。専門用語もそれほど難しいものは出てきません。出てきたとしても、少ない数なので覚えることができます。

2級も、3級と福祉の基礎知識は同じくらいの量が出題されます。3級の内容を理解していれば、十分理解できる内容になっています。また、他の専門用語については、3級よりは増えてきますが、しっかり勉強していけば理解できる数になっています。ひとつ3級と大きく違う点としては、部屋の間取り図から正確な情報を読み取る問題があることでレベルの差がついています。より具体的な解決策を、提案できる力を身に着けるようになっています。1級については、福祉の知識以外にも建築の知識が多くなってきたりする点から、一気に難易度が上がっています。

福祉住環境コーディネーター検定の合格率については、下記のようになっています。

1級:10%以下(難しい) 
2級:40~50%(普通)
3級:40~55%(やや易)


2級と3級があれば、ある程度現場で生かせる知識が付くため、1級は本当に余力があれば挑戦する位置づけになっています。

回答形式・受験料・開催時期について

【回答形式】
回答形式については、2級と3級についてはマークシート方式で行われます。どちらも、制限時間2時間。100点満点のうち70点以上で合格です。1級については、マークシート方式で制限時間2時間に加えて、記述式も加えられます。

【受験料】
1級:10,800円 2級:6,480円 3級:4,320円
受験料だけ見ても、1級のレベルが一気に高くなっていることがわかりますよね。取り組みやすい資格と言っても、受験料を払って受ける資格には変わりありません。受験料を無駄にしないためにも、一発で合格できるようにしたいところですね。

【開催時期】
1級:11月下旬 2級・3級:7月上旬、11月下旬
2級と3級は、年に2回開催されることが特徴です。自分のスケジュールと相談しながら、自分のペースで受験することができる点も、この資格が受けやすい特徴でもあります。ちなみに、申し込み期間については、下記の通りになっています。
1級:9月中旬 2級・3級:4月下旬~5月下旬

3.初心者が確実に受かるための勉強方法

「これまで福祉のことを学んできていなくて、本当に受かるのかな…」
「独学でも大丈夫なのかな?」
と、不安になっている方も多いと思います。大丈夫です、安心してください。福祉のことを学んできたことがなくても、独学でも十分に合格できます。また、働きながらでもスキマ時間を活用して、合格点に達することができます。ただし、2級と3級は難易度がそれほど高くないとしても、合格率は50%を下回ることもあるため、油断は禁物です。その、合格の鍵は「過去問」にあります。過去問を繰り返し解くことで、出題傾向を掴むことができます。

初心者にオススメの参考書

福祉住環境コーディネーター検定の参考書は、何を買えばいいのか悩むと思います。福祉住環境コーディネーター検定は、東京商工会議所が、主催している検定になっています。なんと、その東京商工会議所から出されている参考書があるのです。福祉住環境コーディネーター検定の「教科書」と言えるでしょう。

初心者は、このベーシックな参考書を手もとに置いておけば、受かるための知識を十分に身に着けることができます。過去問については、自分の使いやすいものを選んでいただくと良いと思いますが、公式参考書とページ数が紐づいているものを選ぶと、効率良く学習することができます。

合格への近道のポイント

過去問を何度も解いているうちに、同じような問題が繰り返し出題されていることに、気が付く瞬間があります。「あ!ここ、さっきも出た!」となるでしょう。そうして、過去問を解くことに集中していけば、効率よく合格することができます。参考書も用意しておくと、幅広い知識が付きますが、参考書を覚えようとはしなくて大丈夫です。

仕事をしながらでも、朝の10分でも過去問の問題を解いていくと、試験までには十分な合格圏内に入ることができます。試験の日から逆算して、勉強スケジュールを立てると、合格をよりイメージすることができるでしょう。

福祉住環境コーディネーター検定試験 2級過去問題集2020年版 |Amazon

¥1,980(税込)

『公式テキスト<改訂5版>』;に対応した2020年版過去問題集!
福祉住環境コーディネーター検定試験2級の最新過去6回分の全問題を収録した2020年試験対応の過去問題集です。

福祉住環境コーディネーターとして活躍するために

福祉や医療の現場で、資格の知識を生かして、アドバイスすることはもちろん、福祉の現場以外でも得た知識を大いに役立てることができます。現場で役立てることに関しては、住宅改修で工務店に自分の意見や考えを、自信を持って伝えることができるようになります。

現場以外では、両親や祖父母が日常生活を送る上で困っていることに気が付きやすくなったり、もっと快適に過ごせるように工夫するようにアドバイスすることができるようになります。生活に密着した資格のため、普段の生活の中でも大いに役立てることができます。

tamagoyaki

この記事のアドバイザー

tamagoyaki

ひきこもり主婦webライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ