「はじめて」をわかりやすく。

初めてでも挑戦しやすい福祉住環境コーディネーター検定を受けよう!

初めてでも挑戦しやすい福祉住環境コーディネーター検定を受けよう!

超高齢化社会の日本。今後も暮らし方が多様化してくる時代です。そのため、高齢者だけではなくすべての人が暮らしやすい環境を整える必要があります。優しい暮らしの提案をするのが、福祉住環境コーディネーターの大きな役割です。今回は初めて受験する方に向けた、資格の概要・学習の手引きをご紹介します。

tamagoyaki

この記事のアドバイザー

tamagoyaki

ひきこもり主婦webライター


OPEN

目次

1.福祉住環境コーディネーターになるために知っておきたいこと

「福祉」という言葉を聞いて何を思い浮かべますか?また、福祉というと「介護保険など公的な法律が絡む難しいもの」というイメージを持っている方も多いかもしれません。では、そもそも、福祉の対象は何なのでしょうか。その対象は「高齢者」「障害児・者」「児童」「その他の生活困窮者(低所得者や母子家庭など)」という風に大きく4つに分かれています。

福祉の分野では、そうした様々な環境にいる方々が、今よりより快適に生活ができるようにサポートしていくために、様々な専門知識を持った人の存在は必要不可欠なのです。

トイレに手すりをつけることも福祉です

福祉住環境コーディネーターとは

高齢者や障がい者などが、住みやすい環境というのは、公的な制度が整っているだけでは、それは本当の意味での「住みやすい環境」とは言えません。その根本にある、「住まい」が整えられていなければ、快適な暮らしを送ることは難しいです。福祉住環境コーディネーターは、その「住まい」に着目して、高齢者や障がい者もすべての方々の暮らしを支えていく役割なのです。

住まいや住宅というのは、誰もが生活の中で関わることです。そのため、毎日の生活の中で役に立つ知識をつけるためにも、取得して損のない資格となっています。そうして得た知識は医療や福祉の現場ではもちろん、建築や住宅関係の仕事でも大いに役立つ知識となること間違いないです。スキルアップのためにも、取得することで人気の資格です。

・福祉の住まいのアドバイザー
具体的な資格の発揮場面は、住宅改修プランを提案したり、車いすや介護用ベッドなどの福祉用具をアドバイスすることもあります。そのため、福祉の視点から住まいを支援するアドバイザーという位置づけになります。

車椅子でも過ごせる住環境の整備が必要です。

資格の種類はいくつある?

福祉の資格と聞いて、何を思い浮かべますか?福祉は、介護の現場というイメージが強いと、介護士という資格を思い浮かべるかもしれません。それに関して、国家資格では、社会福祉士・介護福祉士・精神保健福祉士という「3福祉士」と呼ばれる資格があります。

・福祉住環境コーディネーター検定は、民間資格です!
一方、福祉住環境コーディネーター検定は、東京商工会議所が主催している民間資格となっています。資格の種類は、1級から3級まであります。2級と3級をダブル受験する人も、結構な割合でいます。ただし、1級だけは、2級に受かっていなければ受験することができませんのでご注意ください。本業は他分野であるけれど、スキルアップのために受験する人が多くなっている人気の資格なのです。

< Back
1 2 3 4
29 件
tamagoyaki

この記事のアドバイザー

tamagoyaki

ひきこもり主婦webライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ