「はじめて」をわかりやすく。

初めてでも挑戦しやすい福祉住環境コーディネーター検定を受けよう!

初めてでも挑戦しやすい福祉住環境コーディネーター検定を受けよう!

超高齢化社会の日本。今後も暮らし方が多様化してくる時代です。そのため、高齢者だけではなくすべての人が暮らしやすい環境を整える必要があります。優しい暮らしの提案をするのが、福祉住環境コーディネーターの大きな役割です。今回は初めて受験する方に向けた、資格の概要・学習の手引きをご紹介します。

tamagoyaki

この記事のアドバイザー

tamagoyaki

ひきこもり主婦webライター


OPEN

目次

福祉住環境コーディネーターとして活躍するために

福祉や医療の現場で、資格の知識を生かして、アドバイスすることはもちろん、福祉の現場以外でも得た知識を大いに役立てることができます。現場で役立てることに関しては、住宅改修で工務店に自分の意見や考えを、自信を持って伝えることができるようになります。

現場以外では、両親や祖父母が日常生活を送る上で困っていることに気が付きやすくなったり、もっと快適に過ごせるように工夫するようにアドバイスすることができるようになります。生活に密着した資格のため、普段の生活の中でも大いに役立てることができます。

福祉目線を忘れないようにしましょう

1 2 3 4
Next >
29 件
tamagoyaki

この記事のアドバイザー

tamagoyaki

ひきこもり主婦webライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ