「はじめて」をわかりやすく。

日商簿記3級の資格を取得して経理の勉強をここから始めてみよう!

日商簿記3級の資格を取得して経理の勉強をここから始めてみよう!

ビジネスマンだけでなく、個人経営の方にも役に立つ簿記3級の勉強を始めてみませんか?特に現在、社会人には必須の資格だと考える企業もあるようです。コツコツ学べば、3級の取得は決して難しくはないと思います。会社の経営状態も理解できるようになります!

もんど

この記事のアドバイザー

もんど

貯金好き家電販売員


CLOSE

目次

1.勉強を始める前に。そもそも日商簿記とはどんなもの?

簿記資格というものがあります。これは簿記に関する知識や計算能力を判定する検定に合格すれば取得できるもので、複数の団体により実施されているために、いくつかの検定試験の種類があります。

その中でも有名なのは「全国商業高等学校協会簿記実務検定試験」によって取得できる、いわゆる全商簿記。そしてこの記事で取り扱う「日本商工会議所及び各地商工会議所主催簿記検定試験」によって取得できる、いわゆる日商簿記です。

全商簿記はその名の通り、商業高校で使用されている教科書にもとづいて出題される試験となっています。商業高校生を対象にしていますが、それ以外の方も受験することができます。それに対して日商簿記は、大学生や社会人を対象にしています。

どちらを取得するのが良いかと言えば、あなたが商業高校生ではない限り、日商簿記を選択するべきでしょう。社会人にも向けた資格であるため、企業では日商簿記を重視する傾向があるようです。資格手当ての対象になることもありますし、昇進の可能性にも結びつくのではないでしょうか。

これから社会人を目指す方も、履歴書に記載ができますので、採用される可能性が増える資格のひとつとなってくれるでしょう。また経営状態がわかるようになるため、中小企業や個人商店の経理を担当している方にもおすすめしたいと思います。

簿記3級を学べば、こんなことがわかります。

合格するための過去問題集 日商簿記3級 '19年11月検定対策 (よくわかる簿記シリーズ)

¥1,760(税込)

「TAC式出題別攻略テクニック」つき。出題意図を示すとともに、最新の会計基準にあわせて改題。現役TAC講師陣による「解答への道」一挙公開。

簿記には1級、2級、3級、初級(2017年4月から施行)があります。この記事で取り扱う3級を学習し理解できるようになると、小規模な企業における経理関連書類の適切な処理を行うことができるようになります。

具体的には簿記の規則にのっとって、企業の取引を記録できるようになります。それをもとに企業の経営状態等をまとめた表である、財務諸表というものが作成できるようになります。財務諸表を作成し理解できるということは、すなわち会社の経営状態等がわかるようになるということです。

ちなみに2級では工業簿記という、工場などの製造業に関わる簿記が加わることとなります。材料からそれが製品になるまでを記録できるようになります。

資格の難しさはどれくらい?

これはやはり人それぞれであるのではっきりとしたことは言えないのですが、一般的には50~100時間の勉強が必要だと言われています。100時間だとすると、1日1時間の勉強では約3ヵ月必要ということになりますね。

商業高校では専門に習うわけですが、高校在学中に合格する方も多いようです。また大学の経済学部で、基礎として習う簿記のレベルが3級と同等だそうです。よって高校卒業レベルと同じぐらいの難しさなのではないでしょうか。ちなみに合格率は約50パーセントとなっています。

2.さあ、簿記の勉強を始めよう!

簿記を勉強すると決めたら、まずは試験日程を調べてみてはいかがでしょうか。ちなみに2019年度では6月、11月、2月と年に3回実施されています。やはり「ここまでに全部覚えよう!」という期日があると、集中して勉強できるのではないかと思います。また、それに合わせてスケジュールを細かく作成してみるのもいいかもしれません。

テキストに電卓。初めは、そんなところから。

CASIO製 ND-26S プロ用実務電卓(ソフトケース付)

¥8,500(税込)

プロ用実務電卓(ソフトケース付)
日本電卓技能検定協会推奨電卓
特大表示 日数計算 時間計算
12桁 サイレントタッチ 電池&ソーラー使用タイプ

現在はネット上に、たくさんの簿記に関する情報があります。ホームページでの学習によって合格に十分な方もいらっしゃるでしょう。ただしその多くは、個人によって運営されています。間違いや、かたよりがないとも言い切れません。

そして2019年4月から出題範囲が大きく変更されています。今までのテキストや、問題集では取り扱っていない範囲があります。ホームページ情報も古い可能性がありますので、これはよく注意するべきでしょう。

そんなこともあり、ここは書店に出向き、たくさんの簿記テキストを比較してみることを、やはりお勧めしたいと思います。テキストの中には文字が小さいものから大きいもの、イラストが多いものからカラーのもの、練習問題が多いものや中にはマンガ形式のものもあります。これから合格まで何度も読むことになるわけですから、自分にいちばん合いそうなテキストを選んでいただけたらと思います。

次は、計算に必須なそろばん、または電卓です。共に使い慣れたものがある場合は、それを使用するのが一番でしょう。これから電卓も購入される場合は、多少大きくて不恰好ではあっても、打ちやすく見やすいものを選ぶのが一番ではないかと思います。

また試験においては、計算機能のみしかない電卓だけが使用できます。これはつまりプログラム機能(例として関数電卓)があるものは使用できないということです。日数計算、時間計算、換算、税計算、検算ができるものは可ですが、音が鳴るものはすべて不可です。購入前に日商簿記のホームページ等を見て、詳しく確認することをお勧めします。ちなみに携帯電話は、外部との通信ができるものなので、使用はできません。

試験に出るのは、こんな内容です。

簿記3級の試験では、大きく分けて5つの問題が出ます。基本の「仕訳」問題は必ず出ますが、他には「試算表の作成」問題や「精算表の作成」という問題が多く出るようです。簡単にはなりますが、この3つの問題を紹介したいと思います。

・「仕訳」問題
「仕訳」とは簿記の基本で、一定のルールに従って取引を区分けする問題が出ます。試験では5問出題されて各4点になっています。ここからすべてが始まりますので、わからない場合はあやふやにせず、きちんと理解できてから次に進むことをお勧めします。この仕訳が間違っていると、次に出てくる「試算表作成」問題、最終の「精算表作成」問題等も間違ってしまうからです。

・「試算表作成」問題
「試算表と」呼ばれる、正しく「仕訳」がされているかチェックするための計算表を作成する問題です。「仕訳」を早く正確に行い、各勘定科目での借方と貸方それぞれの合計を出して一致するかチェックします。

・「精算表作成」問題
これまでのすべての簿記の知識を使い、一枚の表を作成する問題です。すべての勘定科目を計算することになります。ひとつの「仕訳」ミス、ひとつの計算間違いをおこすと合計が合わなくなるので大変です。

では、ここで少しだけ、すべての基本となっている「仕訳」問題の実例を説明しましょう。簿記とは、こういうことをまずたくさん覚えるのだ、と感じていただけたら嬉しいです。

(例題)以下の取引について仕訳しなさい。
「商品¥60,000を仕入れ、代金は現金で支払った」

答:借方 仕入60,000/貸方 現金60,000

解説:「仕入」「現金」は勘定科目と呼びます。左の借方には増えた科目、右の貸方には減った科目を記入します。例で言えば、現金を支払った(減った)ので貸方の「現金」科目に60,000と金額を記入し、商品を仕入れた(増えた)ので「仕入」科目に60,000と記入します。借方と貸方の合計は、つねに同じ金額になります。

3.勉強のコツから試験当日まで!

試験を受けるためには、まずは施行する商工会議所を確認しましょう。そのあと、受験申込方法も確認しましょう。受験申込書や受験申込受付期間は、商工会議所によって異なる場合があるからです。また定員になり次第、申し込みを終了することもあるようです。

直接に商工会議所の窓口を訪れる方法もありますが、ネットでの申し込みが可能な会議所もあります。この場合、クレジットカード等で受験料を支払うことができます。3級の受験料は2850円(税込。2019年9月現在)ですが、ネットで申し込むとネット受付事務手数料が発生します。

ここがちょっと難しい? 勉強のコツ。

簿記は企業の経営状態を金額で表すものですから、数字がたくさん出てきます。「数学が苦手」という方は、勉強前から不安になってしまうかもしれません。しかし簿記において使う計算は四則演算(足す、引く、掛ける、割る)のみです。数学ではなく算数レベルの計算であると言えるでしょう。しかも電卓を使うことが可能ですので、計算が難しくて解けない、ということはまず起こらないと思います。落ち着いて計算すれば、決して難しすぎるということはないでしょう。

むしろ必要になってくるのはスピードです。見て瞬時に「仕訳」ができることを求められるでしょう。そして電卓を叩くスピードが速ければ、試験では検算する余裕も出てくると思います。電卓を見ないで叩けるというレベルまでは必要ないと思いますが、電卓の速さは心の余裕にもつながってくれるのではないでしょうか。

「試算表」を作成するときに「勘定科目」というものをメモする必要が出てくるのですが、この名前を短縮するのもスピードアップにつながります。例えば「減価償却累計額」というものが出てくるのですが、これをきちんと書いていては時間がかかってしまいます。自分にだけわかればいいメモですので、「ルイ」と書いても、間違いさえしなければ問題ないと思います。

最後に「精算表」なのですが、練習問題を繰り返していると、ありえない数字というのがわかってくると思います。例えばですが、金額の計算なのですから、割り切れない数字が出てくることはないでしょう。そんなありえない数字が出てきたら計算を止めて、これまでの「仕訳」等をすぐに確認するのがコツだと思います。

さあ、試験だ!

試験会場の机に置けるものは、受験票、身分証明書、筆記用具、計算器具だけです。身分証明書は顔写真付きのもので、運転免許証やパスポート、社員証、学生証等となります。筆記用具は鉛筆、シャープペンシル、消しゴムのみです。色鉛筆や定規等は使用できませんので注意してください。そして、そろばんや電卓の計算器具です。

試験の制限時間は2時間と長いので、集中力を求められるでしょう。採点は100点満点で、70点以上で合格となっています。

合格! そのあとは、どうしましょう?

合格発表は、商工会議所によりますが、会議所に張り出される他、ホームページでも確認できるそうです。電話やメールではお答えしないとのことです。

合格証書は、商工会議所にて受験票と引換えに交付されます。交付期間もあります。会議所が開いている時間を調べておくことをお勧めします。また窓口で引換えができない方は、有料で郵送もしてくれます。合格証書は再発行されません。受け取れなかった場合や紛失した場合は、有料で合格証明書を発行してくれます。

初めての日商簿記3級について説明させていただきましたが、いかがだったでしょうか? 少しでも興味を持たれたらホームページや本屋でテキストを見て、どんな感じの学習内容なのか、まずはチェックしてみてはいかがでしょうか。そして一見、数字や専門用語だらけで難しいと感じられるかも知れませんが、こつこつと学習していけば決して3級は難しい資格ではないと思います。

オススメの参考書

みんなが欲しかった 簿記の教科書 日商3級 商業簿記 第7版

¥1,100(税込)

もうモヤモヤしない、4つのポイント!!!「なぜ?」「どうして?」を解消できる説明!豊富な図解でポイントが一目瞭然!モヤモヤポイントは実例をあげて解説しているからイメージできる!基本問題満載で、知識の定着もばっちりOK!カラーの図版でもうモヤモヤしない、スゴイ簿記の教科書!知識の総まとめに便利な仕訳集もついてる!

資格の学校でもあるTACが出版しているテキストで、アマゾンにてベストセラー1位。2019年の新出題範囲対応で、見やすい4色カラーになっています。本試験の過去問題も掲載されているので、具体的にどのような問題が出ているのかもわかります。

簿記は、企業において経理等を担当する人間にのみ、必要な資格だと思われるかもしれません。しかし今では社会人に求められる基礎的な知識だとして、職種にかかわらず評価してくれる企業は多いようです。1日1時間からでもテキストを開いてみて、学習してみるのはいかがでしょうか。

もんど

この記事のアドバイザー

もんど

貯金好き家電販売員




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ