「はじめて」をわかりやすく。

インテリアコーディネーターになりたい!と思ったらはじめること

インテリアコーディネーターになりたい!と思ったらはじめること

インテリアコーディネーターとは、インテリアの幅広い知識を活かし顧客の夢を形にする、建築業界の人気職種の一つです。専門的な知識やスキルが必要となりますが、業界が初めての人でも充分目指す事が出来ます。今回は、インテリアコーディネーターになりたいと思った人がまずやるべき事等について紹介をしていきます。

Orihihc

この記事のアドバイザー

Orihihc

建築士を目指して修行中!


OPEN

目次

1.インテリアコーディネーターとは

建築業界の花形職種の一つである「インテリアコーディネーター」。好きな事を仕事にしたいと願う人を中心として、目指す人が非常に多い職種でもあります。そんな多くの人が憧れるインテリアコーディネーターになる為には、どうすれば良いのでしょうか。職務内容や目指し方について紹介をしていきます。

インテリアコーディネーターの職務内容とやりがい

「インテリアコーディネーター」とは、住まい手にとって快適な住空間を作る為に適切な提案・助言を行う職業です。具体的には、「どんな風に暮らしたいか」をヒアリングし、「こんな雰囲気の空間に住みたい」というアバウトな要望を具体的に住まい手のライフスタイルに合った住空間に導き形にしていきます。インテリアの商品に関する専門的で幅広い知識や技術を駆使し、家具やカーテン、照明等の商品をトータルにプロデュースする事がインテリアコーディネーターの職務内容です。

活躍の場としては、主にインテリア関連商品を扱うショールームやハウスメーカー、また独立してフリーランスとして活動する等多数あります。業務の流れはそれぞれ異なりますが、ヒアリングをした内容を元にプランの立案、プレゼンテーション、見積、発注、納品、アフターフォロー等が主な内容となります。

インテリアコーディネーターの仕事の一番のやりがいは、自分のコーディネートによって顧客が喜んでくれたり、満足してもらえる点です。業務を通して感謝やお礼の言葉をかけてもらうのは、何よりも嬉しい事でしょう。住まいづくりは時として長期間での付き合いとなる為、打ち合わせを重ねるうちに信頼を得られれば、次の仕事に繋がる事や、仕事の枠を越えた関係性を築ける場合もあります。

インテリアコーディネーターにはどんな人が向いている?

インテリアコーディネーターは、「インテリアが好き」という事ももちろんの事、「人と接する事が好き」という人に向いているでしょう。顧客の要求を的確に受け止める傾聴力と、喜んでもらえる為にはどのようにしたら良いか思考を巡らせる想像力が必要となります。また、顧客だけでは無く職人さんや設計士等、様々な業種の人たちと関わる機会も多い為、どんな人とも積極的にコミュニケーションを取り関係性を築く事が出来る人には適しています。

また、コミュニケーションをする中で「相手の意見を尊重する」事や、「相手に寄り添う」という事も必要となります。インテリアの好みは、趣味趣向や育ってきた環境、考え方によって多種多様です。当然自分と全く異なる感覚を持っている顧客もいます。客観的なアドバイスと併せて、その人に合った提案をする事が求められます。

< Back
1 2 3 4
28 件
Orihihc

この記事のアドバイザー

Orihihc

建築士を目指して修行中!




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ