「はじめて」をわかりやすく。

インテリアコーディネーターになりたい!と思ったらはじめること

インテリアコーディネーターになりたい!と思ったらはじめること

インテリアコーディネーターとは、インテリアの幅広い知識を活かし顧客の夢を形にする、建築業界の人気職種の一つです。専門的な知識やスキルが必要となりますが、業界が初めての人でも充分目指す事が出来ます。今回は、インテリアコーディネーターになりたいと思った人がまずやるべき事等について紹介をしていきます。

Orihihc

この記事のアドバイザー

Orihihc

建築士を目指して修行中!


OPEN

目次

2.インテリアコーディネーターの目指し方

インテリアの基礎から学ぶ養成スクール

インテリアコーディネーターになる為の最も王道なパターンとして、「養成スクールに通う」という方法があります。スクールによって授業内容や通学期間は異なりますが、大凡2年間でカリキュラムを組む学校が多いようです。スクールで学べる内容としては、建築やインテリアの基礎的な内容から色彩、照明、外構、CADの操作方法等に至るまで、業界未経験の人でも即戦力となる様な実務に基付く内容となっています。この様なスクールには毎年様々な業種から求人が集まる事でも知られています。異業種からの転職を目指す人にとっては非常にメリットが大きいと言えるでしょう。

また、多くのスクールでは全日制(週5日)のクラスの他にも、週1日だけのクラスや、単位制で科目毎に学べるクラス等が用意されています。仕事や子育てをしながら週5日通う事が難しくても、週1日決められた曜日に通うクラスであれば、今の生活と両立して学ぶ事が可能です。

インテリアコーディネーター養成に実績のある学校は「町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー」、「スペースデザインカレッジ」、「東京デザイナー学院」等があります。一般的な費用の相場としては、全日制のクラスの場合だと2年間で大体130万円〜160万円程度、週1日のクラスで50〜60万円程度の様です。一括で支払うには中々の金額ですが、分割支払いや提携ローンを利用可能な場合もある為、事前にスクールに確認してみる事をお勧めします。

スクールに通う為にはそれなりの時間とお金がかかります。しかし、授業では第一線で活躍する講師陣の話を直接聴けたり、世代も業種も違う様々なクラスメイトから刺激を貰う事も出来ます。インテリアコーディネーターとして活躍していきたいという明確な目標がある人にとって、通って損をする事は無いと思います。

働きながら実務で学ぶ事も可能

企業の中には、建築業界未経験でもインテリアコーディネーターやそれに付随する求人募集がある場合もあります。その場合はいきなりお客様の窓口に立つ訳では無く、最初の頃はアシスタントとして事務的な内容を行う事も多くあります。

また、入社当初は営業職として実績を積みながら、行く行くはコーディネーター職へ部署移動が可能になるというケースもあります。建築業界での仕事は実務経験が何より優先されますので、先ずは業界に飛び込んでみるというのも有りです。その中で徐々に経験を積んでいき、ある程度のスキルが身に付いてきたら同業他社への転職も有利に働く事でしょう。

28 件
Orihihc

この記事のアドバイザー

Orihihc

建築士を目指して修行中!




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ