「はじめて」をわかりやすく。

初めての著作権登録、自分で作った作品を著作権で守ろう!

初めての著作権登録、自分で作った作品を著作権で守ろう!

自分で作った創作物には自然と著作権が発生します。文章、絵、図、歌詞、音楽、写真、映画、プログラミングなどの表現物は著作物です。しかし、自分の作品と証明するには著作権登録する必要があります。著作権登録して自分の作品と認められれば、ビジネスに活かせる場合もあります。

湊 紘毅/行政書士

この記事のアドバイザー

湊 紘毅/行政書士

法律を学びたい、と思う人達を応援する記事を書いています。


OPEN

目次

1. 著作権とは?

著作権とは、作品を創作した者が、その作品をどのように使用するか決める事が出来る権利です。そして、この権利は、作品を創作した時点で自然に発生します。創作者が作成した物を著作物といい、創作した者を著作者といいます。主に、文章、音楽、美術、写真などの思想、感情を表現した物が著作物にあたります。

楽曲は作詞家・作曲家によって創作された著作物

著作権登録するとどうなるの?

著作権は創作と同時に自然に発生するので、著作権登録をしても意味がないと思う人も多いと思います。自分が創作した文章は作成した時点で自分に権利が付属します。自由に使用出来るのでわざわざ著作権登録をしなくてもよいのですが、場合によっては著作権登録しておいた方が良い場合があります。例えば、以下の著作権登録制度があります。

「実名の登録」
実名で登録すると、著作者の死後70年まで権利が存続します。実名で登録しないと、著作権は著作物の公表後70年で消滅します。なんらかの理由で実名を公表したくない人は実名の著作権登録をすると権利を長く持つことが出来ます。

「第一発行年月日等の登録」
登録すると、創作日時を証明する事が出来ます。誰が先に作ったかで争いがある場合、登録しておけば、証拠とする事が出来ます。

「著作権の移転の登録」
著作権は他人に譲渡する事が出来ます。譲渡したかどうかを公に認めてもらうには、著作権の移転の登録をする必要があります。もし自分の作品を高く買ってくれる人がいた時、著作権の移転の登録をしていなければ、二重譲渡の問題があった時トラブルになる場合があります。移転の登録をしておけばこのような問題はなくなります。

絵画を描く女性

著作権の対象となる著作物は?

著作権の対象の著作物は主に、言語、イラスト、音楽、美術、建築、写真、映画などです。そしてこれらの著作物は、無断で利用してはいけません。著作権者の許諾が必要です。著作物には複製権、放送権、演奏権、展示権、上映権、翻訳権など無断で使用できないように様々な権利が付いています。

もし第三者が利用する場合、使用のための許可と使用料金が必要になります。著作物が自分の作品であると証明するには、原稿や下書きなどを残しておいて利用するとよいでしょう。

撮影した写真も著作物にあたります。

特許権との違いは何?

特許権は登録を受ける事により初めて権利が発生します。また特許権は技術的創作のうちで程度の高いものをいうと考えられています。取得するには時間と費用がかかります。時間は1年以上かかりますし、費用は10万円以上かかります。

一方著作権は映画や絵画、彫刻のような美的な表現と感性に訴える作品であると考えられています。権利は作成と同時に発生し、登録に必要な費用も数千円程度です。また、特許権は技術的創作の保護のために、権利者に強い独占権が与えられていますが、著作権は表現の保護を対象としているので、権利の独占性は低くなります。

陶芸作品をつくる女性

< Back
1 2 3
38 件
湊 紘毅/行政書士

この記事のアドバイザー

湊 紘毅/行政書士

法律を学びたい、と思う人達を応援する記事を書いています。




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ