「はじめて」をわかりやすく。

はじめて職務経歴書を書く時に押さえておきたいポイント!

はじめて職務経歴書を書く時に押さえておきたいポイント!

はじめて転職活動をする際に、必要となるのが職務経歴書です。企業がチェックする職務経歴書の形態はどんなサイズでしょうか。前職の退職理由や、応募動機、自己PRや意欲をしっかりと書くことが、書類選考突破に繋がります。職務経歴書作成の際に大切な3つのポイントを押さえておきましょう。

ぶちうに

この記事のアドバイザー

ぶちうに

スポーツ好き元塾講師


OPEN

目次

1.職務経歴書について知ろう

転職時に職務経歴書が必要となります

転職活動をはじめるきっかけは、人それぞれです。諸般の事情で業種や職種を変えて転職活動をする人もいれば、同じ職種でより条件の良い会社を探して転職する人もいます。転職する際には、履歴書のほかに「転職活動を成功に導く一番の鍵」と一般に言われている職務経歴書も必要となります。

新卒の時は「学生時代の学びと成長」が面接の目玉になりますが、転職活動の場合は「前職での仕事の内容と、そこでの学びと成長」が面接での焦点になります。書類選考に於いて、人事は他の志望者との差別化を図る資料として職務経歴書を使います。

また、書類選考が通った後の一次面接で、人事の担当者は職務経歴書をもとに面接の質問を用意します。書類選考から第一関門の一次面接に至るまで、全てに影響してくるのが職務経歴書なのです。職務経歴書で如何に人事に自己アピール出来るかが、転職活動をしていく上で勝敗を分けるポイントだと言えるでしょう。

職務経歴書による、書類選考の目的は?

企業の大きさにもよりますが、基本的に中途採用をしている企業には多くの応募者が殺到します。人事の担当者が応募者全員と面接することは、到底、不可能です。そこで、職務経歴書が必要になります。職務経歴書に目を通し「この応募者と直接、会って話を聞きたい」という興味が湧く応募者にだけ、人事は一次面接のお知らせを出します。

職務経歴書による書類選考は、「採用した人材が戦力となり定着してくれるかどうか」という観点で行われます。応募者の考え方が、自社の風土に合っているかどうかもチェックされます。応募者をふるいにかけるという目的が、書類選考にはあるのです。「ここを深く聞いてみたい」と、人事に思わせる職務経歴書の作成を目指しましょう。

2.面接の基礎資料としての職務経歴書

職務経歴書を書くときに押さえておきたいポイント

・「編年体式」で作成しよう
職務経歴書の書き方は「編年体式」と「キャリア式」の2種類があります。多くの企業で望ましいとされる形式は「編年体式」です。「編年体式」は、時系列に経験してきた業務内容を纏めていく形式のこと。経歴がひと目で分かるのが最大のメリットです。

「編年体式」では年月が見出しになり、入社・配属・異動など、キャリアの変革期を見出しとして立てるようにします。文章は簡潔に読みやすく書き、主語は付けずに箇条書きにするのがポイントです。前職の勤務先の概要(資本金や売上高)を付け加えると、印象が良くなります。

また、人事担当者は、フォーマットよりも書類の丁寧さを見ています。書類提出日などの未記入に気をつけ、印鑑の有無、カラーの証明写真を使うようにするなど、細部にも注意を払って見やすいレイアウトを心がけます。キャリア採用の職務経歴書は「書類の見やすさ」が命です。職務経歴書の評価は、内容とレイアウトで決まると言っても過言ではありません。人事担当者が見やすく分かりやすい書類の作成に努めましょう。

 ・企業のニーズを捉え、採用担当者の目で作成しよう
「応募先の企業が今、どんな人材を求めているのか」を周到にリサーチすることが、職務経歴書作成の上で最も大切です。どんな素晴らしい経歴の職務経歴書でも、自分の会社に合っていないと判断されれば書類選考で落とされます。「社風に合致するか、過去の経験を活かして活躍してくれそうか、誠実に長年、勤務してくれるか」を企業は知りたいのです。職務経歴書を作成する際は、その辺りを汲んで自己PRを記載します。

こんな職務経歴書はNG!

・誤字脱字が目立つ
最近はパソコンで職務経歴書を作成する人が増えて来ました。勿論のことですが、手書きの場合と同じくパソコンで作成する場合も、誤字脱字はご法度です。誤字脱字が多いと仕事上でもミスが多い、いい加減な性格の人なのかと企業側に懸念されます。「転職は人生をかけた一大イベントなのに、この応募者は本気度が見えない」という理由で落とされないように、誤字脱字には気をつけましょう。

・空欄が多い
空欄が多く内容がスカスカの職務経歴書を提出した場合、人事担当者はあなたのやる気を疑うでしょう。職務経歴書は、ビッシリ情報を詰めれば良いというものではありません。しかし、適切な内容と分量は必要です。要領よく丁寧に仕上げましょう。

・業界用語を多用する
「自分はデキる人間だ」ということをアピールしたい余り、業界内だけに通じる専門用語を駆使して職務経歴書を書かないように留意します。異業種間は勿論のこと、同業種間の転職であっても職務経歴書での過剰なアピールは嫌味なものです。逆に、評価を下げてしまいます。人事担当者が辟易しない職務経歴書を作成するよう心がけましょう。

3.職務履歴書を書いてみよう

望ましい職務経歴書の形態は?

職務経歴書の理想の形態は、A4用紙2枚~3枚程度だと言われています。ビッシリ文字で情報を記載したものでなく、余白を残しての2~3枚と考えると良いでしょう。

「これ!」と言い切れる絶対的な強みがあれば、職務経歴書は1枚でも十分といわれるほどです。具体的な業務の知識と能力を先方にアピールできれば良いのです。「職務経歴書は、経歴の量を売り込むものではない」という認識を持って作成しましょう。

採用担当者はどこを見る?

・前職の退職理由
前職の退職理由は記載しない人も多いので、差別化のポイントになる重要な部分です。退職理由をきちんと記載することで、今後も安易に転職を繰り返さないことを企業に予め伝えることが出来ます。前向きな退職理由であれば、しっかりと記載しましょう。企業が応募者側に抱く不安要素を、前もって排除しておくことが大切です。

・応募動機
前職と違う職種に応募した場合、人事は当然「なぜ、この業界でこの職種なのか」といった疑問を応募者に対して抱きます。応募先の企業の魅力と、現在の会社にいては実現できない夢を結びつけて志望理由を作成しましょう。

また、前職と同じ職種に応募した場合でも「なぜ、うちの会社が良いのか」と思うでしょう。応募動機も他者との差別化のポイントのひとつです。実体験をもとに、具体的にオリジナルの内容を記入します。記入欄の7割を埋めると印象が良くなります。

・自己PR
職務経歴書というのは、自分が経験してきたことを正確に記載するものです。基本的に事実のみで構成されます。しかし自己PRの欄だけは、自分が学んだことと感じたことを自分の言葉で付け加えることが出来ます。前職を通して、自分がどれだけ成長し、どのようなスキルを持っているのかを自分の言葉で伝えるように心がけましょう。

社会人キャリアが短くても職務経歴書は必須

「職務経歴書に書く実績がない」という人が、職務経歴書を作成する時には「自分がしてきた仕事(What)の中で、自分がした工夫(How)とその工夫をしようと決めた理由(Why)」を記載すると良いです。自分が何のためにその仕事をしているかが、自分で客観的に見えていると、HowやWhyに当たる部分を書けます。

自分を俯瞰的に見る「自己認知力」が高いことを人事担当者にアピールして、内定を勝ち取りましょう。

務経歴書で経験・能力をアピールできる!★【日本製】 A4片面 履歴書用紙セット★(転職者用) | Amazon

¥248(税込)

保管しやすいA4サイズ。 コピーに便利な片面印刷。
職務経歴書で経験や能力を、積極的にアピールできます。
両面シールで写真が簡単に貼れます。

ぶちうに

この記事のアドバイザー

ぶちうに

スポーツ好き元塾講師




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ