「はじめて」をわかりやすく。

古物商許可申請の届出方法と中古品売買を始めるまで

古物商許可申請の届出方法と中古品売買を始めるまで

古物商をはじめる方法とは?中古品を販売するために必要なのが古物商許可です。古本屋・金券ショップ・リサイクルショップ・中古自動車販売店などに必須です。また、ヤフオクなどのオークションサイトも取得が必要です。中古品販売店だけでなく、本業以外で色々な会社が取得しているのが古物商許可の特徴です。

湊 紘毅/行政書士

この記事のアドバイザー

湊 紘毅/行政書士

法律を学びたい、と思う人達を応援する記事を書いています。


OPEN

目次

1.古物商をはじめる前に

古物商とは、古物を売買や交換して、継続的に利益を上げる商売をする業者のことです。今の日本には物が沢山あるので、見た目は新品のように見えても中古品であるものが意外とあります。1度使用のために市場に出回ったものを再び売買する事は古物の取引になるので、古物商の許可が必要です。古物商許可は盗難品の売買の防止が目的ですが、取得しておくと商売の幅が広がるので中古品取引に関わる場合、取得しておくとよいです。

古物商許可証

古物って何?

古物とは1度使用されたもので、大きく分類すると次のような物があたります。また使用されていなくても一般の消費者が小売店から購入した商品は古物にあたります。

(1)美術品(彫刻・書画)
(2)衣類(和服類・洋服類)
(3)時計・宝飾品類(眼鏡・宝石類・貴金属類)
(4)自動車(その部分品も含む)
(5)自動二輪車・原動機付自転車(その部分品も含む)
(6)自転車類(その部分品も含む)
(7)写真機類
(8)事務機器類
(9)機械工具類(工作機械・土木機械)
(10)道具類(家具・楽器)
(11)皮革・ゴム製品類(カバン・靴)
(12)書籍
(13)金券類(商品券・切手)

古物商許可を取ると何ができるの?

古物商許可を取ると古物を売買する事を商売として行う事が出来ます。古物を専門に販売するお店はもちろん取得する必要があります。新品の商品を販売するお店が一部の商品を中古品として販売する場合も取得する必要があります。

小売業者以外でも、中古品を多く取り扱う会社が、本業とは別に中古品を取引する場合も古物商許可を取得する必要があります。ですので、古物商許可を取得している会社は意外と多いです。回収業者や運送会社なども古物に接する機会が多いので、古物商許可を取得している事が多いです。

副業で気軽にはじめる古物商

ヤフオクなどのオークションサイトで商品を安く仕入れて、転売する場合も古物商許可が必要です。サラリーマンや主婦が気軽にはじめる事が出来るのがインターネット取引ですが、継続的に行って利益を出す目的で取引をしている場合、同じ商品を大量に買う場合もあると思います。その場合は古物商許可が必要になります。自分で使用するために商品を購入したり、自分が使った物を売るだけでは古物商許可は必要ありません。

現在はオークションサイトもたくさんあって、やり方次第では利益をたくさん上げる事が出来ます。もし、真剣にオークションサイトでの商売を考えている場合は古物商許可を取得しておきましょう。

フリマアプリでも商売する場合は古物商が必要

< Back
1 2 3 4
35 件
湊 紘毅/行政書士

この記事のアドバイザー

湊 紘毅/行政書士

法律を学びたい、と思う人達を応援する記事を書いています。




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ