「はじめて」をわかりやすく。

古物商許可申請の届出方法と中古品売買を始めるまで

古物商許可申請の届出方法と中古品売買を始めるまで

古物商をはじめる方法とは?中古品を販売するために必要なのが古物商許可です。古本屋・金券ショップ・リサイクルショップ・中古自動車販売店などに必須です。また、ヤフオクなどのオークションサイトも取得が必要です。中古品販売店だけでなく、本業以外で色々な会社が取得しているのが古物商許可の特徴です。

湊 紘毅/行政書士

この記事のアドバイザー

湊 紘毅/行政書士

法律を学びたい、と思う人達を応援する記事を書いています。


OPEN

目次

古物商取引の市場はどんどん広がっていく

今の日本は物であふれた社会です。わざわざ新品を買わなくでも、中古品で十分と思う人は多いと思います。中古品の品質も良く、その数が多くなると、思った以上に安く良い商品を購入できる場合があります。このように潜在的な需要がかなりあるので古物取引の市場はどんどん広がっているといえるでしょう。

古物商許可をとれば中古品取引市場に参加できる

中古品取引市場は潜在的な需要はありますが、どんな商品が売れるかは自分で見つけなければいけません。自分で売れそうな商品を見つける事は簡単ではないですが、アイデア次第という場合があります。あらかじめ古物商許可を取得していれば、比較的短時間で容易に中古品取引市場に参加出来ます。

インターネット取引はもちろんですが、実物の商品の取引もやってみると意外と短期間で大きな利益を上げられます。もし、中古品取引ビジネスに興味があれば、思い切ってチャレンジしてみるのもよいでしょう。

お金をかけずに始める[古物商・リサイクルショップ&質屋]の儲け方・超入門 | 一馬, 野沢 |本 | 通販 | Amazon

¥1,650(税込)

古物商・リサイクルショップってどうやって儲けるの?商売のやり方はどこが変わってきたの?高く売れるモノは何?価値が下がらないモノは何?「買い取り」のノウハウが儲かるお店を作る!

1 2 3 4
Next >
35 件
湊 紘毅/行政書士

この記事のアドバイザー

湊 紘毅/行政書士

法律を学びたい、と思う人達を応援する記事を書いています。




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ