「はじめて」をわかりやすく。

アルバイトをはじめるならやっぱり飲食店!飲食店で働くメリットはいっぱい!

アルバイトをはじめるならやっぱり飲食店!飲食店で働くメリットはいっぱい!

数あるアルバイトの中でも最も多いと言えるのが飲食店。ファストフードから居酒屋、個人店とその形態も様々ですが、飲食店でアルバイトをする前にメリットなども知っておきたいですよね。今回は、初めて飲食店でアルバイトをするときに必要な手続き、飲食店アルバイトのメリットやデメリットなどをご紹介します。

えりりこ63

この記事のアドバイザー

えりりこ63

元日本語教員で2児の母


OPEN

目次

1.多くの人がアルバイト先に選ぶ飲食店

サービス業から事務職、在宅ワークまで様々なアルバイトがある現代。しかし、やはり多くの人が最初のアルバイト先に選ぶのは飲食店です。ではなぜ飲食店がアルバイト先に選ばれるのでしょうか?それは飲食店のアルバイト求人が圧倒的に多いから。また、飲食店と言ってもファストフードや居酒屋、ファミレス、個人店など様々な形態のお店があるからです。

初めてのアルバイトは飲食店が良い?

高校生や大学生、また結婚してから初めてアルバイトをされる方にも、初めてのアルバイトには飲食店をオススメしたいです。その理由は、

・飲食店の中にも様々な職種がある
・マナーが身に付く
・飲食店アルバイトの大変さを知れる
・シフトが入れやすい
・まかないがあれば食費節約
・幅広い世代の人と交流できる

などです。

飲食店の中にも様々な職種がある
飲食店は前述の通り、ファストフードや居酒屋、レストラン、バー、個人店など様々な形態があります。また、その中でもホールやキッチン、仕込みなど役割が分かれています。自分に合ったスタイルのお店、仕事内容を選ぶことができるのも、飲食店アルバイトをオススメする理由の1つです。

マナーが身に付く
飲食店アルバイトでは接客や調理のスキルを身に着けることができます。ホールならお客様への言葉遣いから食器の並べ方、下げ方など細かな部分までしっかりと教えてもらえます。高級料理店であればワンランク上のサービスやマナーを覚えることも。キッチンの場合は手際のよい調理、そして様々なレシピを覚えることができるので、自宅での料理にも生かせます。

接客業の大変さを知れる
飲食店やコンビニなど、身近な場所にあるサービス業に対し「簡単な仕事」「誰にでもできる」というイメージを持っている人は少なくありません。しかし、実際飲食店のアルバイトは掃除や接客、お会計などやることが盛りだくさん。初めてのアルバイトに飲食店を選ぶことで、働くことの大変さを知るだけでなく、忙しさにやりがいを感じることができるはずです。

飲食店アルバイトに必要な手続き

飲食店アルバイトを始めようと思ったら、ネットやアルバイト情報誌、また店頭の募集などをみて求人に応募しましょう。働いてみたいお店の時給やシフトを確認し、給料や募集している時間帯、曜日などが自分に合っていると思ったら電話やメールで面接の依頼をします。面接の際は履歴書の持参を求められる場合が多いです。志望理由や希望時間帯などもしっかりと記入し、面接日までに準備しておきましょう。

マルアイ 履歴書用紙 パート・アルバイト用 A4 20セット リ-30x20P | Amazon

¥1,906(税込)

パートやアルバイト専用の履歴書用紙A4です。
【用紙】297x210mmx4枚 (1セットあたり)
【封筒】長形40号 3枚 (1セットあたり)
【生産国】日本

面接には必ずしもスーツで行く必要はありませんが、清潔感のある服装を心がけましょう。志望理由やシフトについて答えるだけでなく、アルバイトに関する質問・疑問はどんな些細なことでも面接の際に聞いて解消しておくことをオススメします。

< Back
1 2 3 4
35 件
えりりこ63

この記事のアドバイザー

えりりこ63

元日本語教員で2児の母




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ