「はじめて」をわかりやすく。

学童保育指導員をはじめてみたい方へ。子供が好きなら向いているお仕事です

学童保育指導員をはじめてみたい方へ。子供が好きなら向いているお仕事です

共働きの親を持つ小学生が、下校後の時間を過ごす学童。そこで、子供達をサポートしながら見守るのが学童保育指導員です。学童という身近な場所での仕事にもかかわらず、学童保育指導員については実態が見えにくく、情報が少ないですよね。今回は、そんな学童保育指導員の仕事内容や必要な資格についてご紹介します。

Yamako

この記事のアドバイザー

Yamako

整理収納アドバイザー兼webライター 個人宅の片づけ&ライター業の二足のわらじ


OPEN

目次

1.学童保育指導員とは

学童保育指導員とは?

学童保育指導員とは、学童保育で働く職員のことを指します。学童保育とは、小学校が終わった放課後や夏休みなどの長期休暇中、両親が仕事や介護などで子供を見ることができない家庭が利用する施設のことです。就学前は保育園を利用していた子供が、小学校入学後は、学童を利用するケースがほとんどになります。この学童保育で、親に代わって子供を見守りサポートすることが、学童保育指導員の主な仕事になります。

放課後のサポート助かります

放課後児童支援員とのちがい

学童保育で働く職員には、学童保育指導員の他に放課後児童支援員もいます。両者の仕事内容に違いはありません。では、何が違うのかというと、資格の有無になります。

放課後児童支援員というのは、共働き世帯の増加を背景にして、学童保育の質を高めることを目的に、2015年に新設された民間資格です。現在、学童保育には1名以上の放課後児童支援員の配置が義務付けられています。この資格の設立以降は、無資格で学童保育で働く職員を指して、学童保育指導員と呼ぶようになりました。

< Back
1 2 3
30 件
Yamako

この記事のアドバイザー

Yamako

整理収納アドバイザー兼webライター 個人宅の片づけ&ライター業の二足のわらじ




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ