「はじめて」をわかりやすく。

初めて転職活動する前に在職中でも転職を成功させるポイント!

初めて転職活動する前に在職中でも転職を成功させるポイント!

はじめて転職しようとしたとき、先に退職してしまうと経済的に不安ですよね。すぐに就職できるとも限らないので、出来れば働きながら仕事を探したいと思いませんか?今回は、在職中に仕事を探すときのメリット・デメリット、成功のポイントについてお話します。この記事を読んで転職を成功させましょう。

胡麻和えマン

この記事のアドバイザー

胡麻和えマン

塾講師。アウトドアと胡麻和えが好き。


OPEN

目次

1.在職中に転職活動するメリットは

はじめて転職活動をするときは、成功するかどうか不安がいっぱいでしょう。働きながら仕事を探したほうがいいか、1度退職してゆっくり探したほうがいいか迷いますね。

スタートして納得がいく転職活動ができないというケースもあるので、在職中に転職活動をしたいという人が増えています。ここでは、在職中に転職するメリットについてお話します。

在職中に転職するメリットとは?

収入の不安がない

在職中に転職活動するときの、最大のメリットは収入の不安がないということです。自己都合の退職では、失業保険がすぐに出ないので生活費として貯金が必要になります。

そして転職活動は成功する人ばかりではありません。人間関係がいやでやめたいと思ったけど、転職活動をして採用に至らなかった、条件が下がったというケースもあります。

また退職後の転職活動は経済的に苦しいので、どこでもいいから決めようと焦る気持ちが出てきてしまいがちです。

退職後では収入面で不安を抱えながら探すことに

ブランクがない方が有利

働きながら転職活動するときの悩みで、ブランクを考える人も多いでしょう。企業はできるだけ無職の期間が短い人を、採用したいと思っています。1度退職してゆっくり探そうと思っても、無職の期間が長いとすぐに働けないのではと思われるケースも。在職中に仕事を探すのは、精神的な余裕もあるのでモチベーションを保つことができるのもメリットです。

企業側はどう思っているか

在職中の転職活動ですが、企業側はどう思っているか知りたいと思いませんか?企業によって考え方が違いますが、在職中でもOKという企業は多いです。経済的なことを考えて、転職活動するのは自然なことなので企業側も理解してくれます。働きながら転職するときは、正直に今の現状を企業に伝えることが大切です。

面接官と面接

2.在職中に転職活動するデメリットは

在職中の転職活動は、経済的な不安もなくブランクもないのでメリットがありますが、デメリットがあることを知っておくと落ち着いて仕事が探せます。デメリットになることは、事前に対策を考えることもできるからです。

有給休暇が少ない場合面接になかなか行けない

有給休暇が少ない場合は、指定された面接時間に思うように行けないという悩みが出てきます。仕事中に抜け出して面接に行くのはマナー違反となりますので、働きながら転職をしているということに理解があり、土日や夜に面接をしてくれる会社を探すようにしましょう。

転職活動

すぐに働ける人を探している場合不採用になる

企業がすぐに働ける人を探している場合は、在職中に転職活動している人は不採用になることが多いです。現在勤務している会社で引き継ぎが長くかかる場合も、待てないという企業があります。転職活動をする時期は、できるだけ業務が忙しくないときを選ぶことが大事です。

また在職中の転職活動を理解してくれている企業は応募者のことを考えて入社日は内定から1〜2ヶ月くらいを考えていることが多いので、応募や面接時に確認してみましょう。

忙しすぎて精神的に疲れてしまう

リフレッシュも大切

働きながら転職活動をすると、準備が忙しくて精神的に疲れてしまいます。こんなに疲れるのなら、退職したほうがいいと思う人も多いかもしれません。このようなデメリットは、インターネットを利用するとかなり楽になります。履歴書の書き方・面接対策などはインターネットで調べることができます。

また、転職サイトでは転職相談に乗ってくれるサービスもあるので活用してみましょう。求職活動をしていくうちに志望動機や自己PRも以前よりわかるようになります。電車通勤の合間にスマートフォンを利用して企業の情報をチェックすることもできますので、インターネットを活用すると在職中でも転職活動が可能です。

インターネットや転職サイトを活用してみても、スキマ時間の転職活動はいつも以上に忙しくなり、疲れが溜まっていしまいがちです。そんなときは少し休み、気持ちをリフレッシュすることも大切です。

3.転職活動が成功するポイント

在職中の転職活動を成功させるには、知っておきたいポイントがあります。時間がない人は、ハローワークで探すよりインターネットが便利です。そして履歴書の書き方や現在働いている会社への対応について知っておくと、これからの転職活動に役立ちます。

転職活動の成功ポイントは?

履歴書の書き方について

在職中に履歴書を書く場合、現在勤務中の会社についてどのように書いたらいいか迷いますね。このような場合は、会社名と従事している仕事の内容の下に「現在に至る」と書きます。

現在の仕事がどうなっているかどうか、履歴書でわからない場合は採用側の企業から敬遠されます。一般常識として大事なことなので覚えておきましょう。

転職活動をする場合、受ける企業の採用担当者とのコミュニケーションも大切です。平日の昼間は連絡が取りにくいことはわかりますが、夕方は何時頃から連絡をとっていいかどうかわからない場合があります。平日と休日、どの時間帯が対応しやすいか履歴書に書いておくとプラスの評価になります。留守電にメッセージを残してほしいことやメールで連絡してほしいと書いておけば、スムーズに話が進みます。

職務経歴書で経験・能力をアピールできる!【日本製】 A4片面 履歴書用紙セット(転職者用) | 履歴書・各種人事用書類 | Amazon

¥344(税込)

履歴書4枚、職務経歴書4枚、写真貼付シール4枚、封筒3枚。入学、卒業年早見表付。保管しやすいA4サイズ。 コピーに便利な片面印刷。職務経歴書で経験や能力を、積極的にアピールできます。両面シールで写真が簡単に貼れます。

仕事の引き継ぎや有給休暇について

転職活動するときに注意することは、現在勤務している会社を円満退社することです。新しい会社で仕事をスタートしても、今の会社の人と仕事面で接することがあるかもしれません。

トラブルがあって退職した場合は、噂が広がって新しい会社に悪い印象を与えるケースもあります。退職の時期を考えることが大切で、できるだけ忙しい時期は避けましょう。

また、引き継ぎの準備が短期間でできるように、担当業務があれば終了させておいたほうが親切です。有給休暇についても、直属の上司と相談して消化したいと申し出ておきましょう。

転職するならハローワークよりインターネットが有利

転職するなら、ハローワークよりインターネットで探すのが便利です。働きたい勤務地や職種を入力するだけで、多くの求人を1度に見ることができます。

また、人材紹介サービスのひとつに転職エージェントがあり、転職の相談をすることができます。

転職サービスを活用してみてましょう。

転職エージェントのメリット
・個別に面接できるので、自分の希望をしっかりと伝えられる
・面接対策や、逆質問など転職に成功するノウハウが学べる
・入社日や面接の日程を調整してくれる

このように、転職エージェントは在職中の転職活動を助けてくれるのであなたの強い味方になるでしょう。

転職サービスを上手に使おう

今回は、在職中に転職するメリット・デメリット、成功するポイントについてお話しました。転職活動は思ったより長くなるケースもあるので、働きながらスタートするのが金銭面の不安がありません。

転職サービスに登録して、相談を受けるだけでも自分がなぜ転職を考えているのかがわかります。転職エージェントでは、一般の求人にない非公開求人を紹介してくれます。インターネットの一般サイトより、給与や福利厚生の面で条件がいい求人が多数あります。

キャリアアップだけでなく、キャリアチェンジがしたいという人もあなたの可能性を見つけて仕事を応援してくれます。また現在勤務している会社を円満に退職する方法もアドバイスしてもらえます。

転職サービスを上手に使いながら、転職活動を成功させましょう。

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法 | 北野 唯我 |本 | 通販 | Amazon

¥1,540(税込)

転職に必要なのは「情報」でも「スキル」でもなく、確かな「判断軸」である。一生食えて、心から納得のいく仕事を見つける方法。

胡麻和えマン

この記事のアドバイザー

胡麻和えマン

塾講師。アウトドアと胡麻和えが好き。




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ