「はじめて」をわかりやすく。

初めて飲食店営業許可申請する時に気をつけたい事とは?

初めて飲食店営業許可申請する時に気をつけたい事とは?

飲食店をはじめる時、必ず必要なのは飲食店営業許可を受ける事です。お店の所在地を管轄する保健所に飲食店営業許可申請を出します。安心・安全な飲食を提供する為に、しっかりお店を作って営業許可を受けましょう。飲食物を提供するお店であれば、全てのお店が取得する必要があります。

湊 紘毅/行政書士

この記事のアドバイザー

湊 紘毅/行政書士

法律を学びたい、と思う人達を応援する記事を書いています。


OPEN

目次

1. 飲食店営業許可申請とは?

飲食店をはじめる場合、安心・安全な飲食物を提供する為に、飲食店営業許可を取得しなければなりません。不衛生な飲食を提供して大きな事故が起こってしまったら、取り返しがつかない場合があります。

それらを未然に防ぐために、安全な飲食物を提供出来る設備や衛生知識がある事を保健所に確認してもらって、問題がなければ飲食店をはじめる事が出来ます。

まずは保健所に相談に行こう!

まずはお店を開こうと考えている場所の管轄の保健所に相談にいきましょう。保健所の職員さんはとても親切で、わからない事は丁寧に教えてくれます。なので、疑問に思った事はなんでも質問しましょう

相談は、お店の施設工事の着工前に施設の設計図等を持参して行いましょう。その時、飲食店をはじめるために必要な手続など、わからない事を教えてもらいます。その際、飲食店営業許可申請書とその手引きをもらいましょう。手引きには営業施設の基準などが記載されているので、参考にしながら準備を進めていきましょう。

衛生管理や設備を保健所に確認してもらう

飲食を提供する上で重要なのは、衛生管理がしっかり出来ているかです。保健所もその事を1番心配しています。

飲食店営業許可申請書には、お店の図面を添付します。図面には、お店の設備や広さを記載します。そして、実際に保健所の職員がお店に検査にきて、図面通りにお店ができているか確認します。この時、お店の施設が基準に適合していないと許可が下りません。不許可の場合、改善点などを指摘して改めて検査をします。

このように保健所の検査を受けて許可を取得出来れば、施設が基準を満たしている事になるので、お客さんも安心してお店に来てくれるようになります。

飲食店営業許可申請書にはお店の図面が必要

飲食店営業許可を取得出来ない人もいる

飲食店をはじめる場合、食品衛生法の規制を受ける事になります。過去に食品衛生法に違反して一定の期間が経過していない人や法人は、許可が受けられない場合があります

また過去に飲食店営業許可を取得して営業していた人や法人が、なんらかの理由で許可が取り消された場合も、一定期間が経過していないと許可が受けられない場合があります。

しかし、飲食店営業の場合、保健所のある区市町村などが地域の実情に応じて判断する場合もありますので、そのような事情があった場合、保健所に相談する事をお勧めします。

< Back
1 2 3
30 件
湊 紘毅/行政書士

この記事のアドバイザー

湊 紘毅/行政書士

法律を学びたい、と思う人達を応援する記事を書いています。




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ