「はじめて」をわかりやすく。

国家公務員をはじめて受験する方に向けて

国家公務員をはじめて受験する方に向けて

不景気や就職難が続き、終身雇用もほぼ崩壊と言われている昨今で安定して働ける公務員は人気の高い職業の一つです。特に国家公務員は国に勤めるためスケールの大きな仕事に携われるためやりがいもより感じられると思います。今回は国家公務員試験を初めて受験しようと考えている方へ採用までの流れを紹介したいと思います。

left

この記事のアドバイザー

left

何でもチャレンジ系男子


CLOSE

目次

1.国家公務員とはどんな仕事?

国家公務員とは国に採用される公務員です。公務員の採用先は大きく分けると、国、都道府県、市区町村の3つに分けられ、後者2つは地方公務員と呼ばれ、前者の国に採用されるものを国家公務員と呼びます。

国家公務員とは国に採用され国および国民への奉仕者として国全体に関わる業務を行う職業のことを言います。多くの公務員は各省庁へ採用され、国の財政、外交、教育など我々の生活に直結する業務の企画や立案を行うような規模の大きい仕事を行います。

職種には総合職、一般職、専門職、特別職に分かれ一般事務を担当する職種を一般職といい、今回は一般職について紹介します。

国家公務員は、国の施設や国の運営に携わる仕事

国家公務員として働く際、各省庁から内定を頂いて就くことができます。勤め先は各省庁の本部およびその関連施設となり国家に携わる業務を行います。業務内容としては各省庁およびその出先機関にて政策や対策などの事務的な業務に携わります。

しかし受験した試験区分によって採用後の業務や昇進が大きく異なってきます。総合職は重要なポストや幹部などの重役を任されるような昇進をすることがあり、一般的に「キャリア官僚」と呼ばれています。それに対し一般職は事務処理中心の業務が中心です。その省庁の政策を企画や立案する総合職に対し、その運営を行うのが一般職という位置づけです。

2.国家公務員になるには?

国家公務員になるには、通常の民間企業とは異なり、共通の試験を受けて合格する必要があります。それぞれ、国家公務員の種類ごとに試験を受験できる資格も違い、与えられる業務内容も異なってきます。一般的には、キャリア組がエリートといったような言われ方をしますが、これは一番難しいと言われているⅠ種の試験に合格し、入庁した人をそのように呼びます。

受験区分の違いについて

国家公務員試験は以前は国家Ⅰ種、国家Ⅱ種試験などと呼ばれていましたが、2012年からは国家Ⅰ種試験に当たるものを「国家総合職試験」、国家Ⅱ種、Ⅲ種試験にあたるものを「国家一般職試験(Ⅱ種は大学・短大卒程度、Ⅲ種は高卒程度)」と呼んでいます。

採用先も異なり、総合職は国内全域および職種によっては海外赴任もあり、なおかつ2~3年の短いスパンで何らかの異動を伴うことが多いとされています。一般職はエリア内(関東甲信越地区や九州地区など)の異動が主で、エリア外の異動はまれです。その代わり昇進も総合職に比べると一般職は緩やかで年功序列に上がっていくと言われています。

国家公務員の試験方法について

一般職の一次試験は教養試験で多くの試験で一般常識と小論文が実施されます。約1ヶ月前後で合格発表があり、合格したものは二次試験に進みます。二次試験では人物試験で、面接が実施されます。主に個別面接ですが、場所によっては集団面接やグループディスカッション、複数回の個別面接等も実施されます。

そのさらに一ヶ月前後で「最終合格発表」があり、合格した受験者は受験先の官庁へ訪問に行きます。そこで、業務や職場の説明、就職の意思などを確認し、改めて「内定」が通知されます。

気をつけるのが、最終合格発表≠内定。ということで、官庁訪問で試験官が不適格などと判断されることがあり、内定がもらえないこともあるので、気を引き締めて望む必要があります。

国家公務員の仕事図鑑 (【先輩に聞いてみよう】) | Amazon

¥1,760(税込)

みんなが憧れるプロの世界―その第一線で働く人の姿を集めた仕事図鑑の国家公務員編。国家公務員の職種、仕事内容、民間との違い、働き方など、魅力をたっぷりお伝えします!

3.国家公務員の受験対策、採用までの流れは?

国家公務員の勉強方法はいくつかあります

受験勉強はいくつかの方法があります。一番手軽なのは参考書や過去問集を購入して独学で勉強していく方法です。他にも予備校の公務員受験コースに入学する方法や通信教育で勉強する方法など様々な方法で対策を講じることができます。勉強時間やペース、やりやすいもしくはきちんと学習できる方法で選んでいいと思います。

一般的に受験の一年前くらいから準備すると好ましいと言われていますが、暗記系の分野を早めに始めると時間が経つと忘れてしまう恐れがあり、再度覚え直さなければならないことになるため、計画的に勉強していくことが大事です。

国家公務員試験は倍率も高く非常に狭き門

一般職の倍率は3倍~6倍くらいで推移しており、昔も今も人気の高い職業と言えます。安定しているイメージがあり、現に人生プランが立てやすい職業ですが、最近では人物検査が非常に重視されていて、安定しているからと言う理由で受験すると一次試験は通過しても二次試験は厳しい試験となることが予想されます。

一般企業と同じように、「なぜこの仕事がしたいのか」「この仕事を通じてどんなことをしたいのか」など明確なプランがないと内定を頂けないと考えられます。それを裏付けるように最近の一次試験は合格者数が以前より多く、多くの人を二次試験の面接で判定していると考えられます。内定の倍率は高いですが、まずはしっかり準備をして望むことが大事になってくると思います。

国家公務員として国に携わる仕事は責任重大

国家公務員は国民の生活に直結する仕事で、一歩間違うと国全体に迷惑を抱えてしまい、世界全体の問題に発展しかねない非常に責任の重たい職業です。公務員は安定していて福利厚生もしっかりしているイメージで、確かに間違いではないかもしれませんが、地方公務員に比べ残業も多く、給与も情勢などによって変動的と言われています。しかし国全体関わる業務のため非常にやりがいがある仕事でもあると思います。

最近は上述の通り人物重視の傾向のため、人間性や仕事に対するプランや価値観などもより必要ですが、受験を検討されている方はまずはしっかり準備して、教養も仕事に対するプランも明確にして望まれてはいかがでしょうか。

公務員試験マル秘裏ワザ大全【国家総合職・一般職/地方上級・中級用】2021年度版 | Amazon

¥1,325(税込)

本書では、30個以上の裏ワザを紹介している。これらの裏ワザを使えば、知識がなくても、また、まともに解いたのでは解けない問題も裏ワザで正解に導くことができる!

left

この記事のアドバイザー

left

何でもチャレンジ系男子




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ